カルロスゴーンの弁護士・弘中惇一郎の経歴!報酬や娘は?事務所はどこ?

2019年3月6日、108日ぶりに東京拘置所からカルロスゴーン氏が保釈されました。

カルロスゴーン氏の保釈に関しては、これまで過去二回弁護側が何度も保釈請求を出すも裁判所はこれを拒否。

しかしカルロスゴーン氏は2019年2月頃、自身の弁護士を大鶴基成弁護士から弘中惇一郎弁護士に変更

そして弘中惇一郎氏が保釈請求を出した途端、あっさりと請求が認められました。

弘中惇一郎氏は『無罪請負人』という異名を持つ超敏腕弁護士で、早速その手腕を発揮した形となりました。

そこで今回はカルロスゴーンの弁護士・弘中惇一郎氏の経歴や報酬、娘はいるのか?や事務所はどこかについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

カルロスゴーンの弁護士・弘中惇一郎の経歴!

 

弘中惇一郎
年齢:73歳(2019年3月時点)
生年月日:1945年10月16日
出身地:山口県
最終学歴:東京大学法学部卒業
弁護士登録:1970年

まずはカルロスゴーンの弁護士・弘中惇一郎氏の経歴を見ていきましょう!

弘中惇一郎の年齢は現在73歳

弁護士として仕事をし始めたのが1970年なのでキャリアは約50年ほどにもなります。

生まれは山口県ですが、ご両親の仕事の都合で東京や広島へと移り住みます。

そのため幼稚園と小学校は東京都世田谷区の成城学園、中学校・高校は広島県広島市の修道中学校・修道高等学校を卒業。

1968年には東京大学法学部を卒業し、1970年に最高裁判所司法研修所を修了。弁護士登録と共に堂野法律事務所でキャリアをスタートさせます。

日化工クロム職業病裁判など薬害事件を多く担当しながらも、マクリーン事件などの政治や人権委まつわる裁判も担当。。

また数多くの事件で無罪を勝ち取る手腕から「無罪請負人」の異名も持つなど大活躍。

無罪を勝ち取った有名な事件に、三浦和義氏のロス疑惑や、安部英氏の薬害エイズ事件、村木厚子氏の障害者郵便制度悪用事件などがあり、近年では小沢一郎の顧問弁護士を務めており、こちらも無罪を勝ち取っています。

芸能人や著名人の担当をすることも多く、これまでに佐村河内守さんや中森明菜さん、堀江貴文さん、鈴木宗男さん、高畑裕太さんなどを担当されています

2004年には『法律事務所ヒロナカ』を設立し、代表を務めています。

カルロスゴーンの弁護士・弘中惇一郎の報酬は?

カルロスゴーンの弁護士・弘中惇一郎氏の報酬はいくらほどになるのでしょうか?

世界的企業の日産の元会長の裁判ですから、相当高額な報酬が支払われるのは間違いないですね。

『法律事務所ヒロナカ』の費用に関しては以下のように決められているようです。

1. 民事事件
旧日本弁護士連合会報酬等基準規程を参考に、
着手金 : 係争金額の5~8%
成功報酬 : 獲得・防御金額の10~16%
(いずれも消費税別)
を基準とし、協議の上決定する。
訴訟の場合は、審級ごとに定める。
なお、事件が極めて難解な場合、事務処理量が極めて多くなることが見込まれる場合等、事案の性質によって、
増額する場合がある。

2. 刑事事件
着手金・成功報酬ともに、事案に応じて協議の上決定する。
捜査段階、公判段階ごとに(公判段階については審級ごとに)、着手金・成功報酬を別途請求する。

3. 時間制
時間制を採用する場合には、協議の上決定する。

4. 日当
往復2時間以上の移動を伴う場合、総所要時間に応じて1回1弁護士当たり2~10万円(消費税別)

5. 法律相談
1時間3万円(消費税別)とする。

6. 顧問料
月額10万円(消費税別)以上を原則とし、協議の上決定する。

7. 実費
事務処理に必要となった費用は、内訳を示して、実費を請求する。
実費の例としては、以下のものがある。
・交通費、宿泊費
・印紙代、予納郵券代
・謄写費用
・文献等入手費用
・鑑定費用

出典:弁護士法人 法律事務所ヒロナカ

民事事件の場合は着手金が係争金額の5~8%、成功報酬でさらに獲得・防御金額の10~16%となるようです。

さらに訴訟の場合は審級毎に定め、事件の難解さや事案の性質によって増額があるとの事。

刑事事件の場合は事案に応じて協議の上決定し、捜査段階、公判段階ごとに別途着手金や成功報酬が発生

その他日当が最大で10万円、相談が1時間3万円、顧問料が月額10万円

まあ当然ながら、決して安い金額ではありませんね。

今回のカルロスゴーン氏の事件は世界的に影響がある大規模なじけんであること、さらに弘中惇一郎氏は前述の通りこれまで数々の事件で無罪を勝ち取っている凄腕の弁護士であることを考えると、恐らく着手金だけで数百万は堅いでしょう。

さらに無罪を勝ち取った暁には億単位の報酬が発生するのは間違いないと思います。

カルロスゴーン氏の資産を考えると、数億で無罪が勝ち取れるなら安いものかもしれませんね。

スポンサーリンク

カルロスゴーンの弁護士・弘中惇一郎の娘は?

カルロスゴーンの弁護士・弘中惇一郎氏には娘さんがいらっしゃるようです。

お名前は弘中絵里(ひろなか えり)さんと仰り、父の淳一郎氏と同じく職業は弁護士。

お写真がこちら。

 

そして学歴・経歴は以下の通り。

学歴
1991年:私立桜蔭高等学校卒業
1996年:東京大学法学部卒業
1998年:最高裁判所司法研修所修了(50期)
経歴
1998年:弁護士登録、遠藤・萬場総合法律事務所(現フェアネス法律事務所)入所
2004年:法律事務所ヒロナカ開設

1991年に高校を突行されているので、現在(2019年3月)の年齢は45~46歳くらいでしょうか。

父と同じく東京大学法学部を卒業されており、相当優秀な方なのでしょうね。

職場も『法律事務所ヒロナカ』のようで、お父様と毎日一緒に仕事をされているようです。

弘中惇一郎氏が以前、『情熱大陸』に出演した際、『自身が修習生だった時に薬害エイズの判決が出たので、影響を受けた』という旨のコメントを出していました。

偉大な父から日々刺激を受けているのでしょうね。

カルロスゴーンの弁護士・弘中惇一郎の事務所はどこ?

最後に、カルロスゴーンの弁護士・弘中惇一郎氏の事務所はどこなのかご紹介します。

前述の通り弘中惇一郎弁護士は『法律事務所ヒロナカ』を設立し代表を務めています。

事務所のホームページがこちら。⇒弁護士法人 法律事務所ヒロナカ

住所や連絡先は以下の通りです。

弁護士法人 法律事務所ヒロナカ
〒102-0083
東京都千代田区麹町2丁目4番地 麹町鶴屋八幡ビル5階
電 話:03-3234-0507
FAX:03-3234-0508
受付時間:午前9時00分~午後5時30分
アクセス
・地下鉄「麹町駅」1番出口より徒歩3分
・地下鉄「半蔵門駅」3番出口より徒歩2分
・都営バス:麹町2丁目バス停前 小西三誠堂薬局となり

地下鉄有楽町線の『麹町駅』や半蔵門線の『半蔵門駅』が最寄りですね。

どちらの駅からも徒歩2~3分とアクセスは良好です。

弘中惇一郎氏や娘さんの弘中絵里氏をはじめ、多数の弁護士が在籍していらっしゃるようです。

なにせ代表を務める弘中惇一郎氏が無罪請負人とまで呼ばれている方ですので、所属弁護士の方は皆優秀な方なのだと思います。

ただホームページには『御相談をお受けするのは、原則として御紹介を受けられた方のみとさせて頂きます。』との記載がありました。

やはり一流の弁護士事務所だけあって、一個人が簡単に依頼できるような場所ではないようですね。

まとめ

以上、カルロスゴーンの弁護士・弘中惇一郎氏の経歴や報酬、娘はいるのか?や事務所はどこかについてご紹介しました。

無罪請負人の異名に恥じない一流の経歴の持ち主であることが分かりました。

報酬もその分高額ですが、カルロスゴーン氏の事件の規模や影響を考えると妥当なのでしょう。

娘さんもかなり優秀な方のようなので、今回の事件でも父である弘中惇一郎氏の手伝いをしている可能性は高いですね。

事務所の場所などは明らかになっていますが、紹介者以外は基本的に相談を受け付けていないようです。

それだけ依頼が殺到しているのでしょうね。

カルロスゴーン氏の事件に関してはまだまだ明らかになっていたに部分も多いので、今後の弘中惇一郎氏の活躍に注目が集まりますね!

スポンサーリンク

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です