新元号・令和の正しいイントネーション、アクセントは?明治?平和?

2019年4月1日に発表された新元号・令和。

早速様々な意見が飛び交っている新元号ですが、イントネーション・アクセントはどこか?と話題です。

スポンサーリンク

 

新元号・令和の正しいイントネーション、アクセントが分からない!

新元号・令和のイントネーション、アクセントについて『分からない』という声が続出。

新元号発表で盛り上がると同時に、混乱している人が多いようです。

新元号・令和の正しいイントネーション、アクセントは?平和?明治?

実際はどんなイントネーション・アクセントが正しいのでしょうか?

実際に菅官房長官した際は、『明治』のイントネーションに近いようです。


また、元号発表後に安倍晋三首相も会見に参加しましたが、こちらもやはり語頭にアクセント(明治と同じ)を置いているようでした。

しかし一部では『平和』のアクセントで読む方も。


また、報道機関によっても異なるようです。

実際のところはどうなのでしょうか。

これについて内閣府の担当者は下記のようにコメント。

  「『元号法』および『元号の読み方に関する告示』にもとづいて定めているのは、あくまでも漢字とその読み仮名だけであり、アクセント(イントネーション)についての決まりはありません。ですので、自由に発音していただいて構いません
出典:J-CASTニュース

だそうです。

なんと、『特にイントネーション・アクセントに決まりはないので自由』とのこと。

特に決まりがない単語、というのも不思議ですね。

『昭和』や『平成』も最初は特に決まりはなかったのでしょうか?

一応、令和については決まりはないとのことですが、自然とどちらかに統一されていくような気もしますね。

スポンサーリンク

まとめ

以上、新元号・令和のイントネーション・アクセントはどこかについて調べてみました。

なんと驚きの何でもOKというものでしたね(笑)

正直、イントネーション・アクセントが決まっていない単語なんてそうそうないと思いますが、出典が万葉集という古典ですので、正確な発音は誰にも分らないのでしょう。

地域によっても差が出そうですが、自然とどちらかに定まっていくのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です