カルロスゴーンの逮捕理由!日産の今後はどうなる?次期会長は誰?

カルロスゴーン

日産自動車の会長、カルロス・ゴーン氏が逮捕されました。

また日産自動車はゴーン氏の逮捕を受け、会長職の解任を発表。

カルロス・ゴーン氏は1999年に日産の会長に就任、当時経営危機に陥っていた日産を見事に立て直した凄腕経営者の逮捕と解任に衝撃が走っています。

今回はなぜカルロス・ゴーン氏はなぜ逮捕されたのか?逮捕理由の詳細や日産の今後、次の会長は誰になるのか?について調べてみました!

スポンサーリンク

 

カルロスゴーンの逮捕理由は?

カルロス・ゴーン氏の逮捕理由金融商品取引法違反です。

自らの収入を、実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載して、ウソの報告をしていたと「有価証券報告書の虚偽記載」という罪に問われています。

実際にどれくらいの金額を誤魔化していたかというと、平成23年から27年の5年間で、約50億円程少なく報告してたとのこと。

金額が大きすぎていまいちピンと来ないですね。。。

ちなみに「有価証券報告書の虚偽記載」の量刑ですが、

  • 個人は10年以下の懲役もしくは1千万円以下の罰金、法人は7億円以下の罰金。

とのことです。

今回のカルロス・ゴーン氏の場合は個人なのか会社絡みなのか、詳細はまだ分かっていません。

また、なぜゴーン氏がこのような罪を犯したのかについても明らかにはされていませんが、

  • 脱税
  • 株主からの批判を避けるため
  • 日産の株価上昇

等が理由だと思われます。

ゴーン氏は以前から報酬が高すぎると批判を受けていましたので、自分の報酬を実際より少なく見せることで、株主の理解を得やすくなるとともに、役員報酬という経費を下げることで相対的に会社の売上は上増しされることになり、経営状態をよく見せようという意図があったのではないでしょうか。。

過少申告はなぜバレた?

今回カルロス・ゴーン氏が過去5年に渡り報酬を過少報告していたことが明らかになりましたが、なぜこのタイミングでバレてしまったのでしょうか?

実は今回、日産の社員からの内部告発によって明らかになったそうです。

内部からの通報を受けて、数か月間に渡り不正を調査を行った過程で明らかになり、過少報告の他にも会社の資金を私的に支出するなどの複数の重大な不正行為が発覚したとのことです。

自社の会長の不正を暴くというのは、内部告発者の方は相当な覚悟だったのではと思います、

日産の今後はどうなる?

会長であるカルロス・ゴーン氏の逮捕という大事件を受けて、日産の今後はどうなってしまうのでしょうか?

ゴーン氏逮捕の報道が出たのが、11月19日夜。翌11月20日の東京株式市場で、日産自動車の株価は急落しています。

午前9時の取引開始直後は値が付かず、午前9時に前日比65.5円安の940円(-6.5%)、午前の取引を終えた時点で前日比43円安の962円(-4.3%)まで下落。

この金額は2016年夏以来の安値水準まで下落したこととなります。

とはいえ、株価の下落自体は市場関係者の間で「想定内」との声も出ており、時期に値は戻るとも言われています。

株価については一旦は何とか持ち直す、と言われていますが、経営については問題が山積みです。

元々カルロス・ゴーン氏が会長に就任する前の日産の営業利益率は「約1%」と、自動車メーカーでは最低レベル。

ゴーン氏は就任後、日産リバイバルプランと呼ばれる改善案を作成し、

  • 余分な工場の閉鎖や人員の削除
  • 系列の会社の株式を売却
  • 販売車種の見直し

を徹底。

その結果、

  • 2000年度:連結当期利益の黒字化
  • 2002年度:連結売上高営業利益率4.5%以上
  • 2002年度:自動車事業の連結実質有利子負債を7000億円以下に削減

を達成しました。

この3つに関しては就任後コミットメントとして掲げ、達成出来なければ取締役全員が退陣するとまで宣言したもので、見事にこれを果たす結果となりました。

こうした見事な経営手腕が高く評価されていたカルロス・ゴーン氏が今回、会長職を退任することになりました。

しかも今回は逮捕という事で、日産自体の評価や人気が大きく下がった状態となっています。

今後どのように立て直しを図るのかに注目ですが、またゴーン氏就任前のように経営状態が悪化していく可能性は高いと思います。

スポンサーリンク

日産の次期会長は誰になる?

カルロス・ゴーン氏の退任が決定した日産自動車ですが、次期会長を務めるのは誰なのでしょうか?

正直、カルロス・ゴーン氏の後任が務まる程優秀な経営者はそうそういないと思います。

現在日産の社長兼最高責任者(CEO)を務めている方は、西川廣人氏。

立場的に現時点では最も次期会長に近いと言われています。

また今回のゴーン氏逮捕を受け、記者会見を行うなど表舞台に出ることも今後増えてくると思います。

もしかしたら外部から誰か人を入れる可能性もありますが、早々すぐに決まることは無いでしょう。

取り急ぎ一時的かもしれませんが、西川廣人氏が会長を務める可能性は高いのではないでしょうか。

まとめ

以上、カルロス・ゴーン氏はなぜ逮捕されたのか?逮捕理由の詳細や日産の今後、次の会長は誰になるのか?について調べてみました!

日本が世界に誇る一流企業の会長が逮捕されるという衝撃的なニュースでしたが、ぜひこの逆境に負けず経営を立て直していってほしいですね!

スポンサーリンク

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です