熊本市中央区バス事故の場所はどこ?八王寺町や浜線バイパスの状態は?

 

2019年4月22日、熊本市中央区八王寺町の国道266号線バイパス付近でバス事故が発生しました。

スクールバスと2トントラックが正面衝突し、車とバイク合わせて5台を巻き込む事故だそうです。

事故発生現場の詳しい場所や、八王寺町やバイパス付近の状況をお伝えいたします。

 

スポンサーリンク

 

熊本市中央区でバス事故発生!


事故が起こったのは、2019年4月22日午後2時40分ごろ。

幼稚園の送迎バスとトラックが正面衝突し、その他の車やバイク計5台が巻き込まれる事故となりました。

怪我人の状況は、現時点で子ども4人を含む8人がけがをして病院に搬送。

このうち、トラックを運転していた男性とバイクを運転していた男性の2人が意識不明の重体だと言われています。

かなり大規模な事故であることがうかがえますね。。

続報があり次第追記いたします。

スポンサーリンク

熊本市中央区バス事故の場所はどこ?八王寺町や浜線バイパスの状態は?

熊本市中央区バス事故の詳しい場所はこちらです。

 

 

事故現場は熊本県中央区八王子町の266号線浜線バイパス。

事故の影響を受けて、17時現在は通行止めとなっています。

 

 


スポンサーリンク

 


かなり大規模な渋滞となっているようです。

まとめ

付近の車やバイクを巻き込み、かなりの大事故となっています。

渋滞や通行止めなど、影響は大きいですが、怪我人などの状況も気になりますね。

続報があり次第追記していきます

スポンサーリンク

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です