カルロスゴーンの母親と姉も不正に関与?名前や年齢、顔画像などまとめ!

カルロスゴーン

日産の会長、カルロス・ゴーン氏が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕され話題となっています。

さらに逮捕報道後、徐々に会社資金の私的流用も明らかになってきています。

その過程で、ゴーン氏の母親や姉も不正に少なからず関与している可能性が出てきました。

スポンサーリンク

 

カルロスゴーンの母親と姉も不正に関与?

11月22日、カルロス・ゴーン氏が姉に対し業務実態のないコンサル料金を数年間にわたり支払っていたと報道が出ました。

具体的な業務の実態が無いにもかかわらずコンサル契約を締結することで、ゴーン氏が親族に私的に利益を与えていた可能性があるとして話題に。

この公私混同の実態にネット上でも大きな批判が。

また姉は現在ブラジルのリオにある高級住宅に住んでいるそうですが、その家も子会社に購入させたそうです。

実体のない給与支払いどころか、住宅まで会社のお金で買い与えているというのだから驚きです。

さらに23日、母親の住宅についても海外にある子会社を通じていて購入していたことが判明。

大幅なリストラや人員削減でコストカッターとも呼ばれたゴーン氏が、会社の資金を私的に利用し親族に対して不正に給与や住居を与えていたという報道は、当時リストラの対象となってしまった方からすると到底許せるものではありませんね。

スポンサーリンク

カルロスゴーンの母親と姉の名前や年齢、顔画像について!

カルロス・ゴーン氏の母親はローズゴーンさんという名前。

ナイジェリア生まれレバノン系フランス人の女性で、レバノン系ブラジル人であるジョルジ・ゴーンさんと出会い、結婚。

1954年3月9日にカルロス・ゴーン氏を出産されています。

当時はロンドニア州の州都ポルト・ヴェーリョに居を構えていましたが、後にリオ・デ・ジャネイロに移住。

理由はカルロス・ゴーン氏が2歳の際の頃、不衛生な水を摂取し病気となってしまったためだそうです。

息子の療養のために住まいを変えるなど、非常に家族思いの女性だったようですね。

残念ながら、年齢や顔画像については後悔されていませんでした。

ただ年齢についてはゴーン氏が64歳ですので、80歳以前後くらいだと思われます。

そしてカルロス・ゴーン氏の姉はクロディーヌ・ゴーンさんという方です。

姉

年齢は明らかになっていませんが、70歳前後といったところではないでしょうか。

フランスのリヨン大学を卒業し、パリのデカルト大学大学院で民族学研究。

その後1995年に「Netune Ltda」というインターネット関係のコンサル会社を立ち上げ、責任者に就任。

2013年3月から2017年3月までは、フランスとブラジルの商工会議所の会長を務めます。

ゴーン氏に負けず劣らず優秀な起業家・経営者のようです。

まとめ

カルロス・ゴーン氏の母親や姉が不正に関与していた可能性についてご紹介しました。

母親や姉が実際どの程度カルロス・ゴーン氏の不正を認識していたかは分かりませんが、内容によっては母親や姉にも容疑がかかっていく可能性はありますね。

日が経つにつれ次々と不正が発覚しているカルロス・ゴーン氏。

まだまだ色々と出てきそうですので、今後の報道にも注目ですね。

スポンサーリンク

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です