インフルエンザなのに黙って出社したら会社にバレる?処分は?

インフルエンザ 黙って出社

毎年冬になると流行し猛威を振るうインフルエンザ。

インフルエンザにかかってしまうと、基本的には学校や会社には行けなくなってしまいます。

ですが働き盛りの方は「同期に差をつけられたくない」や「重要な仕事がある」などの理由で黙って出社してしまう人もいるようですが、インフルエンザなのに黙って出社したら、会社にバレるものなのでしょうか?

またバレた場合、処分は受けてしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

インフルエンザなのに黙って出社したら会社にバレる?

インフルエンザは基本的にひどい高熱や咽頭痛などの症状に見舞われ、会社や学校にも行けなくなってしまいます。

ですが仕事が溜まっていたり大事な会議などタイミングが悪かったりと、そう簡単に会社を休めない場合もありますよね。

また人によっては意外と症状が軽かったり体調がそこまで悪くなかったりするケースも。

そうなると会社に行きたくなってしまう人も多いと思いますが、インフルエンザなのに黙って出社したら会社にバレるものなのでしょうか?

結論から言うと、自己申告をしない限り会社にバレることは無いでしょう。

仮にインフルエンザを黙って出社した後に会社内で感染者が発生したとしても、自身のインフルエンザがうつったかどうかは分かりませんし、証明のしようもないですよね。

会社が病院に問い合わせるようなことはしないでしょうし、万が一したとしても本人の許可なく診断結果を外部に漏らすようなことはありえません。

スポンサーリンク

インフルエンザなのに黙って出社したらのがバレたら、処分は受ける?

ですが基本的にインフルエンザの診断が出た場合、医師からは出社停止の指示が出るはずです。

それはもちろん体調的な面もありますが、他者への感染の可能性を鑑みての指示です。

万が一インフルエンザなのに黙って出社したことがバレたら、会社から処分は受けるのでしょうか。

これは会社の就業規則によると思います。

インフルエンザにかかった場合、会社で明確に「出社してはならない」や「報告義務」などが定められており、黙って出社しそれがバレたとしら、それは「就業規則違反」になります。

「就業規則違反」に対する処分の内容も会社によりますが、懲戒事由に『就業規則に違反する行為があったとき』などと定められている場合は、懲戒処分の可能性すらあると思った方が良いでしょう。

多く会社では、インフルエンザをはじめとした感染症や伝染病の場合、上長への報告を含め何かしらの対応が定められていることが多いです。

会社の場合は明確に「明確に○○日休みましょう」と定めているケースはあまりないので、実際は上長・会社と相談しながら出社時期を決めていくことになると思います。

関連記事
⇒インフルエンザにかかったら何日休む?診断書のもらい方や料金は?

どちらにせよ、事前にしっかり会社の規則・規定を確認しましょう。

まとめ

以上、インフルエンザなのに黙って出社したら、会社にバレるのか?処分は受けるのか?いついてご紹介しました。

基本的にバレることはないでしょうが、万一バレたら懲戒免職を含めた重大な処分を受ける可能性が高いです。

また感染のリスクという迷惑をかけてしまうことにもなりますので、インフルエンザにかかったら大人しく療養し回復に努めるようにしましょう。

スポンサーリンク

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です