丸山穂高議員が過去にお酒で起こした不祥事とは?橋下徹ともトラブルか。

日本維新の会の丸山穂高議員が、北方領土に関して不適切な発言をしたとして話題になっています。

2019年5月、北方領土へのビザなし交流に参加した際、元島民の前で「北方領土を戦争で島を取り戻すことに賛成か」と発言。

「戦争で島を取り戻す」ことを肯定するかのような丸山議員の発言は批判を浴び、元島民らは抗議。

丸山議員は『酒が入っており、酔ったうえでの発言』と謝罪しました。

しかし丸山議員は過去にも酒に酔ったうえでトラブルを起こし問題になったことがあり、批判の声はなお広がっているようです。

今回は山穂高議員が過去に起こしたお酒での不祥事についてや、大阪維新の会の顧問である橋下徹さんとの間に起きたトラブルについても調べていきます。

スポンサーリンク

 

丸山穂高議員が過去にお酒で起こした不祥事とは?

丸山穂高議員は過去、おおさか維新の会に所属していた2015年頃にもお酒でトラブルを起こしています。

飲酒し居酒屋から出た際、複数の男性らと口論しもみ合いになり、相手の手を噛んだというものです。

場所は東京都大田区のJR蒲田駅周辺。

どうやら先に絡んで手を出してきたのは相手側だったようですが、丸山穂高議員も

・先に殴打されて首を絞められたので、反射的に手を噛んだ

と説明。

両者ともその後に警察へ行き、被害届などは出さないということで和解したそうですが、丸山穂高議員はお同党より厳重注意処分を受けました。

その後丸山穂高議員は、Twitterとブログを更新。

「禁酒宣言」をしていました。

丸山穂高です。

先日の不始末について猛省と自重の決意の証として自主的に、禁酒宣誓書を今井幹事長へ提出してまいりました。
あらゆるトラブルを予防するため、今後の議員在職中において公私一切酒を口に致しません。

32にもなって汗顔の至りでございますが、未だ至らぬ自らを刻苦精励してまいります。

出典:丸山ほだか公式ブログ「精励してまいります」

しかしいつの間に禁酒を解いたのか、またもお酒に酔ったうえで問題を起こしてしまいました。

スポンサーリンク

丸山穂高議員は橋下徹ともトラブルか。

そんな丸山穂高議員ですが、過去には橋下徹氏ともトラブルを起こしています。

丸山穂高議員は2017年の衆院選に出馬するも惨敗。

それを受けて維新の代表選の実施を主張したのですが、その発言が以下の内容。

この茶化したようなツイートの内容を見て、橋下徹氏が激怒。

「言葉遣いから学べ、ボケ!」と辛らつに批判しました。

確かに「失礼をば。」という茶化したような表現や関西弁が気になりますね。

丸山穂高議員は関西出身なので関西弁を使っても不思議はないのですが、普段のツイートは公人らしくすべて標準語。

このツイートだけなぜか不自然なまでに関西弁を使っており、少しふざけた印象は受けますね。

橋下徹氏の怒りは収まらず、立て続けに以下のようにツイート。


「丸山のボケ」を連発し、かなり怒っていますね。

さらに『丸山を支持する有権者がいる限り、日本維新の会は衰退する。』と丸山穂高議員の有権者まで批判。

このTwitterを受けて丸山穂高議員は『有権者への中傷は受け入れがたい。けじめをつけたい』と離党しました。


しかしその後、『感情的になりすぎた』と、離党届を取り下げています。

橋下徹氏とも謝罪し合い和解に終わったと言われていますが、このふざけた関西弁のツイートに関しては『この時もお酒を飲んでいたのでは?』と噂されていました。

もちろん本当にお酒を飲んでいたかどうかは定かではありませんが(飲んでいないと思いたいですが)、いずれにせよ感情的になりやすい性格なのかもしれませんね。

まとめ

以上、丸山穂高議員の過去の不祥事や橋下徹氏とのトラブルについて調べてみました。

酔って相手の手をかんだり、Twitterでふざけたような投稿をしたりと何かと問題行動の多い丸山穂高議員。

議員としての志や能力に関しては一定の評価がある方ですので、発言や行動は冷静に行っていってほしいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です