霜降り明星・粗品の生い立ちまとめ!父親の死因や母親とのエピソードが泣ける!

 

2018年のM-1グランプリで見事優勝に輝き、一躍スターダムに上り詰めた霜降り明星

まだ20代半ばという若さで並みいる強豪を抑えて優勝し、その後は順調に数々のバラエティ番組に出演して活躍の場を広げていますね。

今回はそんな霜降り明星のツッコみ担当・粗品さんの生い立ちについて、父親の死因や母親とのエピソード等を調べて見ました!

スポンサーリンク

 

霜降り明星・粗品の生い立ちまとめ!

 

粗品
本名:佐々木 直人(ささき なおと)
年齢:26歳(2019年2月時点)
生年月日:1993年1月7日
出身地:大阪府
血液型:O型
身長:180cm

霜降り明星・粗品さん。

本名は佐々木 直人(ささき なおと)さんと仰るそうですすが、『つまらないものですが…』という謙虚な姿勢を込めて芸名は『粗品』と名乗っているそうです。

大阪府出身の現在26歳(2019年2月時点)で、実家は焼肉屋さん。

幼いころからお笑いが好きで、京都府京田辺市にある同志社国際高等学校在学時に、同級生とのコンビ「スペード」を結成し、ハイスクールマンザイに出場するなど活躍。(余談ですが、当時の相方さんは現在、地元の関西テレビ放送に勤務しているそうです。)

相方のせいやさんとは2010年のハイスクール漫才時にそれぞれ別のコンビとして対決しています。

粗品さんは当時からネタのクオリティや技術の高さから、周囲から『天才』と呼ばれ注目されていたようです。

高校卒業後は同志社大学に進学するものの、大学1年生のときに吉本興業のオーディションを受け、見事合格。

大学を中退しピン芸人として吉本入りし、若干19歳の若さでオールザッツ漫才優勝という華々しい実績を残しさらに注目を浴びます。

その後、当時大学生だったせいやさんを誘い2013年にお笑いコンビ「霜降り明星」を結成

霜降り明星結成後は、2017年にはABCお笑いグランプリに優勝、新しい波24にも選出されるなど徐々に活躍を広げます。

そして2018年、ご存知M-1グランプリ2018のチャンピオンに輝きました。

現在の活躍は皆さんの知る通り、数々のバラエティ番組に出演し、霜降り明星として冠番組を持つなど大活躍ですね。

スポンサーリンク

霜降り明星・粗品の父親は死去していた。死因は?

そんな霜降り明星・粗品さんですが、父親が死去していることを明かしました。

2019年2月「1分間の深イイ話」に出演した際に、粗品さんご自身の口から明かされました。

粗品さんの父親は義秀さんと仰るそうですが、粗品さんが17歳の時(約8年前)に亡くなられているのだとか。

死因については明らかにされていませんでしたので不明ですが、何らかのご病気か事故だったのかもしれません。

なんでも粗品さんの父親は生前、「俺の息子はおもろい」と友人に自慢していたそうですので、天国から粗品さんの活躍を喜ばれていることでしょう。

スポンサーリンク

霜降り明星・粗品と母親のエピソードが泣ける!

そんな霜降り明星・粗品さんですが、母親とのエピソードが素敵です。

粗品さんの実家は前述の通り焼肉屋さんを営んでいるのですが、お父様が亡くなられてからはお母様が一人でお店を切り盛りしていました。

粗品さん自身も大学を中退し芸人の道に進んでいますので、お母様にはいろいろと苦労を掛けたようです。

粗品さんはM-1の優勝が決まった後コメントを求められると、涙声で「母ちゃんと父ちゃんに…」とコメントしていた事からも、苦労を掛けたこと、成功して親孝行をしたいという想いが人一倍強かったのでしょう。

優勝後真っ先にお母様に電話をされていました。

 

家族思いで素敵ですね。

粗品さんはその後も、『少しだけかもしれないが親孝行できたかな』と度々仰っており、家族愛に強さが伺えます。

きっとお母様も天国のお父様も大変喜んだことでしょう。

まとめ

以上、霜降り明星のツッコみ担当・粗品さんの生い立ちについて、父親の死因や母親とのエピソード等を調べてみました。

粗品さんの生い立ちや華々しい経歴、ご両親との絆が良くわかりました!

M-1を優勝しこれからますます活躍が期待できる霜降り明星。

いずれダウンタウンやとんねるずと並ぶ大物芸人になっていくことでしょう!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です