EXIT兼近大樹の逮捕歴まとめ。売春斡旋や窃盗は事実なのか?

スポンサーリンク

お笑いコンビ・EXIT。

ネオ渋谷系漫才師としてチャラい見た目をしながらも、「実は真面目」というキャラクターが受けて現在ブレイク真っただ中。

特にボケ担当の兼近大樹さんはイケメンな容姿や性格から、特に大人気ですね。

そんな兼近大樹さんですが、なんと過去に逮捕歴があったことが判明しました。

スポンサーリンク

 

EXIT兼近大樹の逮捕歴!売春斡旋について。

EXIT兼近大樹さんの逮捕歴については、2019年9月5日発売の週刊文春にて報道されました。

文春の報道は以下の通りです。

そのボケ担当である兼近大樹(28)が、2011年11月、売春防止法違反の疑いで北海道警厚別署に逮捕されていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

兼近の地元・北海道札幌市の地元記者が解説する。

「要は、売春の斡旋をしていたのです。直接の逮捕容疑は同年4月、札幌市の高校3年の女子生徒(当時19)に、携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合った男性と市内のホテルでいかがわしい行為をさせ、現金1万5000円を受け取らせたというもの。女子生徒は『小遣いほしさに男性100人くらいと関係を持った』と供述。当時、兼近は容疑を全面的に認め、罰金刑の有罪判決を受けています」

9月1日深夜、「週刊文春」取材班が兼近を直撃すると、事実関係をあっさり認めた。

「はいはい。そうです。簡易裁判で、罰金刑10万円で出てきました」

出典:文春オンライン

 

兼近大樹さんが地元・雄北海道にいた頃、売春防止法違反の疑いで北海道警厚別署に逮捕されていた過去があるとのこと。

文春の直撃に対し、兼近さんは簡易裁判にて罰金刑10万円の有罪判決を受けていたことを認めています。

 

また、事実が明るみになったことに対しては以下のようにコメント。

「正直いつか絶対バレることなんで、吉本にはずっと話していて。絶対に誰か気付くんで、それが今、文春さんが知ってくれたということで正直嬉しかったです。『やっと、今、言えるんだ』って! 吉本からは『誰にも言うな』『絶対ダメ』って言われて」

出典:文春オンライン

ずっと後ろめたい気持ちがあったのか、報道されたことを良しとする旨の発言をしています。

スポンサーリンク

EXIT兼近大樹の逮捕歴!売春斡旋以外にも?

さらに週刊文春によると、上記の売春斡旋以外にもいくつかの警察沙汰や逮捕歴があるとのこと。

人気ホストの自宅マンションから現金1000万円を窃盗?

2012年4月、北海道のすすきので起こった窃盗事件。

内容はホストの男性の自宅に何者かが侵入し、現金1000万円が入った金庫のほか、ブランド物のバッグや時計などを盗難するという事件でした。

この事件は新聞でも報道され、北海道警察が捜査に乗り出した結果、4人の男が逮捕されました。

その4人の犯行メンバーの一人に兼近大樹さんがいた、とのことです。

自殺を装って300万を騙し取った?

さらにTwitterには北海道から東京に上京するにあたり、「自殺を装ってお客さんからお金を巻き上げた」という投稿も。。

働いていたバーの金を持ち逃げ?

また兼近さんは地元北海道では自らを「死んだ」と噂を流してから上京していたことも判明。

そしてこの「死んだ」という噂を流したのは、働いていたバーのお金を持ち逃げしたからという噂も出ています。

これらがすべて本当なら、かなり悪質ですね。。

EXIT兼近大樹の逮捕歴!売春斡旋以外は否定。

かなり黒いうわさが絶えない兼近さんですが、売春斡旋による逮捕歴は認めたものの、それ以外の疑惑は否定。

ホスト宅での窃盗事件については、当時兼近さんが働いていた店のオーナーらが窃盗事件を計画し実行。

被害金が従業員の給料の原資になっている可能性があり、従業員全員が共犯の疑いで事情聴取されたものの、10日間の勾留の末に嫌疑が晴れ釈放されたとのことです。

また、自殺を装ったことについても下記のように否定。

ー「B」で働いていた頃、「自殺する」と言って、女性客からお金を借りた?
「全然、嘘です!その技術があったらもっと楽して生きてます。
(上京後は)バイトしてます無茶苦茶してます。
まず派遣というかイベント会社。居酒屋もしてましたし、裸一貫で来てるんで。
家賃2万円の中国人寮に住んでいました。全部やり直そうと思って。

出典:週刊文春

 

当時を振り返り、兼近さんは以下のように語っています。

 兼近は当時を振り返り、「そのときは、俺はそれが当たり前になっちゃっていたんですよね。『そういう人生なんだ』って」「一緒に育ってきたまわりが反社というか、不良グループだったんで。当時付き合っていた小学校からの同級生とかがみんなそっち(不良)だったんで」と発言。

さらに、逮捕されて初めて自分のやったことが「駄目なんだってことを知って。法律の大切さとか、初めて知った」と語っている。

出典:エンタMEGA

 

当時、兼近さんが身を置いていた環境はかなり劣悪だったことは間違いないようです。

周囲の影響や環境もあり、善悪の判断がついていなかったようですね。

拘留中に改めて自身の人生を見つめなおし、公正を誓ったとのことです。

そして今回の報道について兼近さんは以下のようにツイッターを更新。

・今回の事で改めて自らの過去としっかりと向き合おうと思いました。

・今は永遠に背負い続け、こんな俺が夢を見たり簡単に他者と関わってはいけないと再認識しています

としつつも、

・こんな俺だからこそ出来る事、見てほしい事、伝えられる事が沢山あると思って居ます

と綴っています。

まとめ

以上、EXIT兼近大樹さんの逮捕歴についてまとめてみました。

チャラい見た目に反して実は真面目、というキャラクターが受けていただけに、今回の報道はかなりのダメージですね。

実際に売春斡旋という過ちを犯してしまったことは事実ですが、一部の報道は否定。

また現在ではしっかりと更生して新たな人生を踏み出しています。

過去は変えれるものではありませんが、現在では真面目に頑張っている兼近さんを応援していきたいですね。

スポンサーリンク

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です