霜降り明星せいやの大学学部はどこ?奨学金が400万円?

霜降り明星 せいや

2018年、平成最後のM-1グランプリが行われました。

激戦を制したのは結成5年目の若手コンビ・霜降り明星。

今回はその霜降り明星のボケ担当・せいやさんの出身大学や学部について調べてみました。

スポンサーリンク

霜降り明星せいやの大学学部はどこ?

霜降り明星せいやさんの出身大学近畿大学だそうです。

近畿大学は大阪府東大阪市にある私立大学で、つんくさんや俳優の赤井英和さん、競泳の入江陵介さんなどを輩出している大学です。

せいやさんは大学在学中に相方の粗品さんから誘われ霜降り明星を結成しますが、当時は教師を目指していたそうです。

大学の成績に関しては明らかになっていませんが、教師を目指していた事や普通に卒業できていることから、そこそこ成績は良かったと思われます。

学部については正式に公表はされていませんでしたが、過去のTwitterを遡ってみると文芸学部だという事が分かりました。

近畿大学文芸学部の偏差値は55~60程度と、なかなかの難易度です。

せいやさんはかなりの天然・ポンコツエピソードを持っているからなので、意外と高学歴なのは驚きました(笑)

前述の通りせいやさんは当時教師を目指していたが、粗品さんに熱心に口説かれ続け「教師よりも芸人の方が向いているのでは」と思い、芸人になることを決意したそうです。

ですがその後、粗品さんがピン芸人として「オールザッツ漫才」で優勝するなど非常に輝かしい実績を残していきます。

意外とネガティブなせいやさんは、粗品さんのこの結果を見て「自分は必要ないのではないか」と悩んだそうです。

ですが、せいやさんは高校時代から「ドンパルトン」というコンビでお笑い活動するなど、もともとお笑いに対しての情熱は強かったたため、意を決して芸人の道に進んだそうです。

スポンサーリンク

霜降り明星せいやは大学の奨学金が400万円?

そんなせいやさんですが、大学の奨学金がかなり残っているそうです。

その額がなんと約400万円

結構な額ですね!

といっても大学の学費は高いので、それくらいになるのかもしれません。

そのためせいやさんは今回のM-1の賞金の使い道を聞かれ、「奨学金を返したい」と答えていました。

せいやさんの出身である近畿大学文芸学部は、いくつかの学科があり芸術学科かそれ以外で学費が若干異なります。

画像出典:近畿大学ホームページ

 

入学金が25万円で、学費が年間100万~150万。

他にも細かい出費を合わせると合計400万~500万ほどになりそうです。

せいやさんはこれを少しづつ返していたそうですが、い終わるのが40歳くらいとの事。

せいやさんは現在25歳ですので、15年は払い続けなくてはいけないペースだったようです。

M-1グランプリの優勝賞金は1,000万ですので、相方の粗品さんと分けると500万ずつ。

そこから税金を引くと、せいやさんの手元に残るのは大体400万程度でしょう。

恐らく賞金のほぼすべてが奨学金の返済に消えてしまいそうですね・・・!

まとめ

以上、霜降り明星せいやさんの出身大学と学部、賞金の使い道である奨学金についてご紹介しました!

奨学金の返済で賞金はほとんど使い切ってしまうでしょうが、これからテレビやCMなどの仕事もどんどん決まるでしょうから、金銭的な心配は無さそうですね。

相方の粗品さんはかなりのギャンブル好きのようですが、せいやさんに関してはそういった噂も聞かないので、無駄遣いせず堅実にやっていってほしいですね!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です