トムブラウンは『上沼怒られ枠』?コンビの経歴や所属事務所など!

トムブラウン

お笑いコンビのトムブラウン。

2018年のM1決勝進出が決まり今注目を集めているコンビですが、かなり独特な芸風で有名なようです。

そこで今回はトムブラウンの経歴や所属事務所などのプロフィール、そして一部では「上沼怒られ枠」という噂もある芸風についてご紹介します!

スポンサーリンク

 

トムブラウンの経歴や所属事務所は?

まずはトムブラウンの簡単なプロフィールをご紹介します。

トムブラウン
経歴
結成:2009年
所属事務所:ケイダッシュステージ
メンバー:布川ひろき(ツッコミ。立ち位置左)、みちお(ボケ。立ち位置右)
賞レース成績
M-1グランプリ2015 3回戦進出
M-1グランプリ2016 2回戦進出
M-1グランプリ2017 準々決勝進出
M-1グランプリ2018 決勝進出

結成は2009年という事で、2018年現在で10年目

目立った漫才賞などは獲っていないようですが、M-1グランプリは2015年以降毎年出場し、徐々に順位を上げてきているようです。

所属事務所はケイダッシュステージ。

ケイダッシュステージはオードリーどきどきキャンプ、ベース漫談でお馴染みのはなわさんなどが所属している事務所ですね。

実は今回のM-1では唯一、吉本以外の事務所からの決勝出場コンビという事でかなり期待が高まっています!

トムブラウンの芸風は?

続いてトムブラウンの芸風ですが、ネタの種類は主に漫才。

大きなアクションでホラー的なネタや一発ギャグを得意としています。

人気のネタは一休さん数人と別の誰か(または有名人同士数人)が合体する「一休さん」や、「デートの練習」、「クイズ」などがあります。

またボケのみちおさん(スキンヘッドの方)は怪力の持ち主で、それ活かして果物をその場で潰す「ミキサー」などのネタがあります。

これに対しツッコみの布川さんがてうろたえたり、「ダメ~!」という決まりのフレーズでツッコむという流れ。

文字だけだとよくわからないと思いますので、動画をいくつかご覧ください(笑)

 

 

 

なかなか個性的なネタであることがお分かりいただけたと思います(笑)

個人的には大好きですが、正統派の漫才とはちょっと遠い気がしますねw

スポンサーリンク

トムブラウンは『上沼怒られ枠』?

このような独特なネタから、トムブラウンは今回のM-1は「上沼怒られ枠」だと言われています。

「上沼怒られ枠」とは文字通り、審査員を務める上沼恵美子さんに怒られるポジションという事で、過去の大会ではカミナリやマジカルラブリーがその枠に該当。

カミナリ独自のドツキ漫才を「叩くのはいらない」とバッサリ斬り捨て、マジカルラブリーに至っては「好みじゃない」「これでよく決勝に残ったな」と酷評。

言い返そうとしたマジカルラブリーに対し半ば本気でキレるという、放送事故ギリギリのやりとりが話題になりました。

上沼怒られ枠と言われるこの2組はどちらも正統派の漫才ではなく、ツッコみが独特だったりキャラが特徴的だったりという共通点があり、これが上沼恵美子さんの好みには合わなかったようです。

そのためトムブラウンに関しても、ネタの内容や芸風から今年の「上沼怒られ枠」だというのが大方の予想です。

しかもマジカルラブリーからは直接『今年の”恵美子枠”はお前らだ』と言われたそう(笑)

ですが上沼恵美子さんに怒られたカミナリはその後注目を集め現在では大ブレイク。

マジカルラブリーに関しても「上沼恵美子に怒られたコンビ」として注目を集め、その後の仕事でもネタにするなど必ずしも悪い結果にはなっていません。

「上沼怒られ枠」はある意味、美味しいポジションなのかもしれません。

まとめ

以上、M-1決勝進出コンビ・トムブラウンについて経歴や所属事務所、「上沼怒られ枠」と言われる芸風についてご紹介しました。

かなり個性的なコンビで、この芸風が吉と出るか凶と出るかは非常に危うい所ですね(笑)

まだまだ無名のコンビですので、今回のM-1で見事ブレイクを果たしてほしいものです!

スポンサーリンク

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です