NGT山口真帆事件の内容と経緯を時系列で解説!真相と犯人・黒幕は?

NGT48の山口真帆さんが、ファンの男性から暴行を受けた事件。

事件発覚から数か月が経ち、第三者委員会の調査などが行われたものの、結局事件に関与したメンバーは明らかにされず処分も無し。

いまだ事件の真相は明らかになっていません。

そこで山口真帆さんを襲った事件について、事件の内容や経緯を時系列で詳しく解説し、現時点で明らかになっている事件の真相や黒幕・犯人についてもご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

山口真帆事件の内容と経緯を時系列で解説!

ここで山口真帆さんへの暴行事件について、事件の内容と経緯を時系列でまとめてみました。

山口真帆事件への暴行事件発生

まず事の発端は2018年12月8日

山口真帆さんが劇場公演を終え自宅に帰宅した際、ファンと思われる男性2名が自宅に押し入り、頭を押さえるなどの暴行を加えました。

またその際に、山口真帆さんに暴行を加えるよう指示したメンバーがいることを男性の口から語られたそうです。

山口真帆さんは何とか警察に通報し、駆けつけた警察によって男性2人は逮捕。

その後山口真帆さんは運営側に事件を報告

当時のNGT48支配人である今村悦郎氏は、暴行を指示したメンバーの処分などを約束し、一旦は事態は収束します。

山口真帆が事件を公表

しかし、事件から一か月以上が経過してもなお、暴行を指示したメンバーの処分は行われず。

それどころか、山口真帆さんの被害妄想や勘違いとして事件を処理しようとしていました。

そうした状況に対し、2019年1月8日、山口真帆さんは動画配信サービスSHOWROOMで事件が起こったことを発表しました。


この発表を受けて事件が世に明るみに出ることになり、事件を隠蔽しようとしたNGT運営や今村支配人に対し批判が殺到。

また、山口真帆さんに暴行を加えるよう指示したメンバーはだれなのか、犯人探しが始まることとなりました。

なお、山口真帆さん人気暴行を加えた実行犯の男性二人は、いったんは逮捕されたものの不起訴となりすぐに釈放。

この不起訴に対しても運営や事務所側からの意向があった可能性も示唆されています。

山口真帆の謝罪と運営からのコメント

1月10日、NGT48劇場で行われた公演で山口真帆さんがこの度はお騒がせして誠に申し訳ありません」などと謝罪。

そして公演の終了後に運営元のAKSコメントを発表しまし、一部メンバーが、山口真帆さんの帰宅時間などを犯人に教えていたことを認めました。

しかしこの対応にも批判が殺到。

『なぜ被害者である山口真帆さんが謝罪しているのか』という声とともに、事件に対する再発防止策として『防犯ベルの支給」や『自宅への巡回』という、とても事の重大さを理解していないものであったことも運営批判に拍車をかけました。

AKSはさらに翌11日、新潟日報の取材に対し『現時点で新たに調査結果を発表する予定はない。劇場支配人によるファンへの説明や会見なども考えていない』と回答するなどし、事件を収束させようとしていました。

今村悦郎氏の退任と早川麻依子の就任。第三者委員会の調査を開始

こうした状態に対しネット状では今村支配人の辞職と運営スタッフの公式な場での謝罪を求める声が殺到。

署名運動までも起こり、1月13日には5万4000人以上が署名する事態に。

流石にこれらの声を無視することができず、AKSは今村支配人の退任と、新たに早川麻依子氏の支配人就任を発表。

対応が遅れたことに対しては、「警察の捜査状況を鑑みていた」として謝罪。

第三者委員会を設置して調査することも発表しました。

第三者委員会の調査報告書が発表

そして2019年3月21日、第三者委員会の調査結果が発表されました。

その内容は「事件そのものにNGT48のメンバーが関与した事実はなかった」というもの。

しかし一部メンバーが山口真帆の帰宅時間や自宅の場所を教えていることは運営も認めています。

さらに山口真帆さんが事件当時録音した音声データには、複数のメンバーが関与していることを犯人の男性が認める発言が残っていることも明らかになっています。

にもかかわらず、第三者委員会は『被疑者との間で何らかの共謀があったことを示すような証拠は確認できず、本件事件に関与した者がいたとは認められなかった』という結論を出しました。

会見中に山口真帆さんは『なんで嘘ばかりつくんでしょう』『なぜまた傷つけられなければいけないのか』などリアルタイムにツイッターを更新。


当然、第三者委員会の発表で納得できた人はほぼおらず、AKBグループの主要メンバーである指原莉乃さんも『私も会見を見ていて結局納得がいかなくて』『これで終わらせてはいけない』と苦言を呈していました。

こうして事件から三か月が経過した2019年3月28日時点でも事態は収束しておらず、いまだに事件の全容は明らかになっていません。

スポンサーリンク

山口真帆事件の真相と犯人・黒幕は?

最後に現時点で明らかになっている山口真帆さんの事件の真相と犯人・黒幕についてご紹介します。

そもそもの事件のきっかけは、NGTの一部メンバーとファンが繋がっていることと言われています。

山口真帆さんはその事実を運営に報告し、『真面目にやってる人間が損をするのはおかしい』と抗議。

運営はその場は、該当メンバーの処分を約束するも、実際は何もせず。

そして山口真帆さんが運営に報告したことに対し逆恨みをしたメンバーが、繋がりのある男性に山口真帆さんの帰宅時間と自宅の住所を教え、危害を加えるように指示しました。

これが、山口真帆さんの証言や各週刊誌の報道などをまとめた、現時点で事件の真相です。

実際に第三者委員会の調査結果でも、12人のメンバーがファンとつながりを持っていたことを認めています。(事件とは無関係と主張、メンバーの処分もなし)

そして気になる事件の犯人と黒幕ですが、実行犯の2名の男性については候補として名前があがっています。

山口真帆さんに暴行を加えてたとされる犯人の男性2人はこちら。

北川丈さんと笠井宏明さんという方。

『Z会(ジョー会)』と呼ばれるアイドルハンター軍団のリーダーとメンバーとされています。

北川丈さん関してはNGTメンバーの太野彩香さんと交際していたという噂もあり、NGTに対してかなり深く関わっていた思われます。

そして肝心の、山口真帆さんに暴行を加えるよう指示した黒幕メンバーについては、残念ながらまだ明らかになっていません。

候補として挙がっているのが、下記の4名。

  • 西潟茉莉奈
  • 太野彩香
  • 加藤美南
  • 山田野絵

その根拠は、山口真帆さんが被害後に、上記4名のSNSのフォローを外していることから。


フォローを外しただけで黒幕とは言えませんが、太野彩香さんに関しては前述の通り実行犯の北川丈さんと交際していたという噂もあります。

また、加藤美南さんに関しては父親がNGTのスポンサーのような立場にあり、地元新潟県警をも関わりが深いとされていますので、父親が事件をもみ消しているのでは?という噂も出ています。

もちろんこれらは憶測にすぎず、確実な証拠も発表もありません。

しかし現時点で可能性が高いとされているのは上記のメンバーです。

また第三者委員会の調査結果にもあったとおり、NGTのメンバー12人がファンとつながりを持っていたのは事実のようですので、この12人の中に黒幕がいる可能性は極めて高いといえるでしょう。

まとめ

以上、山口真帆さんを襲った事件について、事件の内容や経緯を時系列で詳しく解説し、現時点で明らかになっている事件の真相や黒幕・犯人についてもご紹介しました。

現役アイドルがファンに暴行を受けるという痛ましい事件ですが、それ以上に運営や劇場支配人の不手際が目立つ今回の事件。

いつまでたっても事件の真相や黒幕が公表されないため、様々な憶測が飛び交う事態となっています。

運営には一刻も早く事件の全容を公表してほしいですね。

スポンサーリンク

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です