NGT48は解散しろ?スポンサー撤退とファン離れが加速!解散署名は?

2019年1月に発覚した、NGT48山口真帆さんへの暴行事件。

事件から数ヶ月が経ち、第三者委員会などの調査が終わってもなお、事件の全容や明確な決着がつかない今回の事件。

いつまで立っても関与したメンバーが明らかにならず処分も行われないこの状況に、『NGTはもう解散すべき』『解散しろ!』という厳しい意見が殺到しています。

実際に多くの仕事がキャンセルになり、スポンサーの撤退やファン離れが加速しています。

一部では解散署名を求める声も出ているのだとか。

スポンサーリンク

 

NGT48は解散すべき?解散しろの声多数!

今回の山口真帆さんの暴行事件が起こって以降、運営の対応の悪さや不祥事が多数続いています。

そもそも山口真帆さんが被害を受けたのが2018年12月8日

その後山口真帆さんが運営に被害を受けたことや関与メンバーのことを報告するも、運営はそれを放置。

最終的に山口真帆さん自身がSHOWROOMで動画を公開し、事件が明るみに出ました。

この時点で事件の隠蔽やもみ消しを図っていたとして運営には批判が殺到。

その後もAKB支配人の戸賀崎智信氏が、元NGT支配人の今村悦朗との飲み会の写真をTwitterに掲載し炎上、運営会社を退社しています。

さらに第三者委員会の調査結果発表に対しても、会見中に山口真帆さんがリアルタイムでツイッターを更新し、『なんで嘘ばかりつくんでしょうか。』と不満を爆発。

指原莉乃さんを始めとした有力メンバーもこぞって『納得行かない』と、調査結果の不十分さが露呈することとなりました。

こうしたことを受けて、ネット上では『NGT48は一回解散するべき』『もう解散しろ』と批判の声が上がっています。

NGT48のスポンサー撤退やファン離れが加速!

こうした一連の騒動は、実際にNGTのスポンサー撤退やファン離れを加速させています。

まずはスポンサー撤退の情報から。

企業側にも余波は広がり、1月15日には一正蒲鉾がCMの放映の差し控えを発表。そのほかにも新潟商工会議所やローソンなどもNGT48とのコラボ企画の動画を非公開にしたりなどしていた。
一正蒲鉾はその後CMを再開させることはなかったが、19日になって一正蒲鉾側に問い合わせたというファンが、「一正蒲鉾さんスポンサー降りたそうです。素晴らしい対応」としつつ、一正蒲鉾からのコメントを公開。それによると、「当社とNGT48様との契約は既に終了いたしております」とのこと。また、電話でも確認し、契約解除が事実であることが改めて明らかになったという。
出店:リアルライブ

NGT48の結成当時からスポンサーを務め、ともに新潟を盛り上げてきた『一正蒲鉾』が真っ先に撤退。

その他にも、新潟商工会議所やローソンなどがNGT関連のCMや動画を非公開にしています。

さらに、新潟県自体もNGTとの契約を見直しているようです。

新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」メンバーの山口真帆さん(23)が暴行被害に遭った事件で、花角英世新潟県知事は27日の定例会見で、今秋に県内で開催される「国民文化祭」のスペシャルサポーターをしているNGT48との広告出演契約について、平成31年度の更新を保留することを明らかにした。
出店:産経新聞

新潟県は以前から県をあげてNGT48の活動をフォロー。

国民文化祭や全国障害者芸術・文化祭などのスペシャルサポーターとしてNGT48を起用し、ポスターや動画などでPR活動を行っていました。

しかし今回の騒動や第三者委員会の会見を受けて、花角英世新潟県知事は

  • いまの段階では保留しておこうと思っている。もう少し事態の推移を見守って判断したい。

とコメントを発表。

多くのスポンサーがNGT48から撤退しています。

さらにスポンサーだけでなく、多くのファンが『もう応援できない』『ファン辞める』と、発言。

一人のメンバーがファンから暴行を受け、さらに同グループのメンバーが事件に関与。

にもかかわらず関与したメンバーの名前は明かされず、処分もない状態。

意を決して事件を公にした山口真帆さんだけがただただ苦しんでいるこの状況に、多くのファンが愛想をつかすこととなってしまいました。

スポンサーリンク

NGT48の解散署名も?

こうした状態に対して、NGT48の解散署名を求める声も出ています。


現時点では解散署名は行われていないものの、事件発覚後は当時の支配人・今村悦朗氏に対する辞任署名が5万人以上集まりました。

このまま運営の隠蔽体質や山口真帆さんに対する対応の悪さなどが続けば、本当に署名活動が始まってしまうでしょう。

そうなるとかなりの票数があるまり、NGT48解散ということにもなりかねませんね。

まとめ

以上、NGT48に対する解散すべき・解散しろという声とともに、スポンサー撤退やファン離れの現状、解散署名に対する情報をご紹介しました。

今回の事件や事件後の運営の対応により、スポンサー撤退やファン離れを引き起こしていしまったNGT48。

解散しろという声も多数上がっており、本当に署名も集まりそうな勢いです。

一刻も早く事件の全容を明らかにし、ファンや被害者である山口真帆さんを納得させる結果を出してほしいですね。

スポンサーリンク

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です