山口真帆の卒業発表動画と手紙全文。卒業後の活動はどうなる?

 

2019年4月21日NGT48の山口真帆さんが、卒業を発表しました。

2019年1月にファンの男性から暴行を受けたことを告白し、運営の不適切な対応や隠ぺい体質も明らかになり、グループ存続も危ぶまれる程となった今回の事件。

運営と山口真帆さんの意見は食い違ったまま、最後まで溝は埋まることなくこの度卒業が発表されました。

山口真帆さん4月21日の公演後に、手紙を読み上げ卒業を発表。

しかしその手紙の内容は衝撃的なものでした。

卒業発表時の動画と手紙全文、合わせて山口真帆さんの卒業後の活動についてご紹介します。

スポンサーリンク

 

山口真帆の卒業発表動画。

山口真帆さんの卒業発表時の動画がこちら、

涙を堪え、声を震わせながらの発表は見ていて痛々しいですね。

ときおり無理して笑顔を見せてもいますが、手も震えていますし、悲しみと緊張が伝わってきます。

発表の中には『グループに変わって欲しかった』という言葉の他にも、『会社を攻撃する加害者だと言われています』など衝撃的な文言も出ていますね。

スポンサーリンク

山口真帆の卒業発表手紙全文。

山口真帆さんの卒業発表の手紙全文を書き起こしましたので、ご覧下さい。

公演後の挨拶のタイミングで、『ちょっと待ってください。』と切り出し以下に続きます。

私、山口真帆はNGT48を卒業します。

今日はちゃんと紙に書いてきたので、皆さんに今まで黙ってた想いを言いたいと思います。

私は、アイドル、そしてこのグループが大好きでした。

だからこそこのグループに変わって欲しかったし、自分が辛かったからこそ大切な仲間たちに同じ思いをしてほしくないとすべてを捨てる覚悟でとった行動でした。

事件の事を発信した際、社長からは『不起訴になった=事件じゃないってことだ』と言われ、今は会社を攻撃する加害者だと言われていますが、ただメンバーを守りたい、真面目に活動し健全なアイドル活動ができる場所が、場所であってほしかっただけで、何をしても不問なこのグループに、もうここには私がいアイドルをできる居場所は亡くなってしまいました。

『目を逸らしてはいけない問題に対し目を逸らせないならやめろ』『新生NGTを始められない』というのがこのグループの答えでした。

だけどこの環境を変えなければまた同じことが繰り返されると思い、今日までずっと耐えて最善を尽くしましたが、私にできたことはほんのわずかなことでした。

私には人の命より大切なものが何か分かりません。

大切な仲間たちが安全にアイドルをできる毎日になって欲しいと心から願っています、

そして私がこうして世間に発信してからも寄り添ってくれたのは、レナ(長谷川玲奈)とリコ(菅原りこ)とモフ(村雲颯香)でした。

二人、、みんなの今後が決まったらこの発表をすると決めていました。

今の私にNGT48のために出来ることは卒業しかありません、

ファンの皆さんには本当に申し訳ないと思っています。

沢山の方が応援してくれて、私のもとには同じような被害に遭った方からもメッセージが送られ、私を見て勇気や元気が出たと仰ってくれる方もいました。

ですが結果的にこのような形になってしまったこと、その方たちの希望もなくしてしまったんではないかと、とても申し訳ない思いでいっぱいです、

正しいことをしている人が報われない世の中でも、正しいことをしている人が損をしてしまう世の中ではあってはいけないと私は思います。

沢山の方が私のために自分の時間を削って私の事を支えてくれました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今後は皆さん、ご自身のために楽しいことに時間を使い幸せになって欲しいです。

皆さんが私に幸せになって欲しいと願ってくれたように私もそう願っています

そして私を今まで支えてくれたファンの皆さん。

このような形で卒業することになってしまい本当に申し訳ありません。

以前のように歌って踊って、毎週のように握手会があって、お互いに『またね』って言い合いたいのですが、5月5日と6日の握手会で最後の握手会になります。

今までお休みをさせて頂いていた握手会もそこで振り替えをさせていただきます。

そこでまたねの続きができたら嬉しいなと思います。

そこで一緒に夢の話をしましょう。

そして最終活動日はレナとリコと一緒に5月18日の卒業公演になります、

怪我で今日の公演に出られていなかったリコとリハビリを頑張って、またステージで笑顔で今度は夢に向かって歩いていく姿を皆さんに見せられることができたら嬉しいです。

私がこれからできることは、今の苦しい姿では無くて笑顔で幸せな姿を見せて皆さんに元気を与えることだと思います。

皆さんが私を助けてくれたように、私も困っている人に手を差し伸べられる人でありたいなと思います。

一人の人としてまた皆さんに愛してもらえるように頑張ります、

そして今回の事で、私はNGT48にならなきゃよかったんじゃないかと思う事もありました。

だけどやっぱり、こうしてみんなとステージに立ってみんなで公演をしてファンの方に声援を頂いて、メンバーのみんなとファンの皆さんと出会えたことが幸せです。

NGT48になってよかったなと思います。

メンバーの皆にもファンの皆さんにも、これからの人生真っすぐ生きて皆には笑顔で笑っていて欲しいなと思います。

残り一カ月もありませんが、最後まで一人の人としても、NGT48として、皆さんに今度は笑顔でまたお会い出来たら嬉しいなと思っています、

あと少しの間ですがどうぞよろしくお願いします。

『不起訴になった=事件じゃないってことだ』『会社を攻撃する加害者』などと運営とのやり取りも明かしており、最後まで運営との溝は埋まりませんでした。

手紙からも不本意な卒業であることや、夢を奪われた悲痛な思いが伝わってきますね、

被害者である山口真帆さんがグループを追いやられ加害者メンバーが残るという異常な構図に、世間からは不満の声が溢れています。

山口真帆の卒業後の活動はどうなる?

山口真帆さんの卒業後の活動はどうなるのでしょうか?

現時点では明らかになっていませんが、先の手紙の中では

  • 今度は夢に向かって歩いていく姿を皆さんに見せられることができたら嬉しいです。

との一文もありましたし、何らかの形でアイドル活動は続ける可能性は高いような気がします。

皮肉なことではありますが、今回の事件で山口真帆さんの知名度は大きく上がりました。

事件に関しても完全に被害者ですし、世論は山口真帆さんに味方する声が多数。

今後山口真帆さんが何らかの活動を開始しても応援する方は多いでしょうし、もしかしたら他の事務所が声をかける可能性もあるかもしれません。

手紙の中にあった、レナとリコこと長谷川玲奈さん、菅原りこさんも山口真帆さんと同時のタイミングでNGT48を卒業することが発表されています。

今後は3人で活動、なんてこともありえるのではないでしょうか。

まとめ

以上、山口真帆さんの卒業発表動画と手紙全文、卒業後の活動について調べてみました。

今回の一連の事件でNGT48や運営に対する世間の不信感はかなり強まったように思えます。

真面目に頑張ってきた山口真帆さんには、これから報われていってほしいですね。

スポンサーリンク

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です