ディーンフジオカは日本人?福島生まれで実家は鎌ヶ谷?本名は?

ディーンフジオカ

ドラマ「あさが来た」の五代様としてブレイクし、その後も話題のドラマや映画に立て続けに出演しているディーンフジオカさん。

甘いマスクで女性人気も非常に高い俳優さんですね。

そんなディーン・フジオカさんですが、その名前や経歴からハーフ説や中国人説などが出ていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

そこで今回は、ディーンフジオカさんの国籍や出身地、本名などを詳しく調べてみましたのでご紹介します。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

ディーン・フジオカは日本人?

『ディーン・フジオカ』という名前から、ハーフ?や中国人?などと噂が出ていましたが、ディーン・フジオカさんは日本人です。

このことは、雑誌やインタビューの際にご本人が語ってらっしゃったので間違いない情報でしょう。

両親も祖父母も日本人の生粋の日本人だそうですが、お父様が生まれたのは中国だそうで、このことからディーン・フジオカさんは、『父親が中国人でハーフ』という誤った情報が広まったようです。

ご両親の職業や国籍についてはこちらの記事で解説しています⇒ディーンフジオカの親の職業は!?両親も祖父母も日本人?

また芸能活動のキャリアが台湾からスタートし、日本で活躍が広がったころには逆輸入俳優と呼ばれていたことなどから、勘違いする人が多かったのも原因かと思われます。

スポンサーリンク

ディーン・フジオカは福島生まれ?今の実家は鎌ヶ谷?

ディーンフジオカさんの生まれは、福島県須賀川市だそうです。

ですが小学校に上がる前には千葉県鎌ケ谷市に転居し、千葉県立船橋高等学校に通っていました。

高校卒業後にはすぐアメリカに留学しアジアの様々な国を転々としていたそうですが、実家は今も鎌ヶ谷にあるのは間違いないようです。

なおこの千葉県立船橋高等学校は偏差値71~73といわれており、かなりの名門高校です。

留学も、IT関連の勉強のためにシアトルのコミュイニティカレッジに進んでいるようなので、かなり頭の良い方なのでしょう。(ITというだけで頭がいいイメージが勝手にあります(笑))

なお、出身中学は鎌ヶ谷市立第二中学校という所だといわれており、このことから実家の最寄り駅は東武野田線の鎌ヶ谷駅、もしくは新京成線の鎌ヶ谷大仏駅あたりが有力と言われています。

ちなみに出身中学などの情報はディーン・フジオカさんの口からは公表されていないのですが、妹で元アイドルの藤岡麻美さんという方が、出身中学や地元のことを公表してらっしゃいましたので、かなり確度の高い情報化と思います。

ディーン・フジオカさんの妹さんについてはこちらの記事でもまとめています。ご確認ください⇒ディーンフジオカに兄弟姉妹はいる?全員美形で妹は元チェキッ娘?

ディーン・フジオカの本名は?

ディーン・フジオカさんの本名は藤岡 竜雄(フジオカ タツオ)というそうです!

ディーン・フジオカは芸名のようです。では『ディーン』という名前の由来はどこから来たのでしょうか。

これは、ディーン・フジオカさんがシアトルに留学していた時、ホームステイ先の家族が名付けてくれたそうです。

以前あるインタビューで下記のように語っていました。

ディーンという名前は自分でつけたんですか? それとも芸名?
ディーン「もらいました。こういうお仕事をするずっと前、アメリカへ行った時に、ホスト・ファーザーのような人がいたんです。一家でよく教会へ行ったんですが、そんな日々の中で、このディーンという名前をもらいました。アメリカの生活に適用しやすいようにっていう気持ちを、多分込めてくれたんだと思います」

出典:ASIAN CROSSING

このように、留学先でもらった名前を芸名にも使用しているようです。

またこの『ディーン』という単語には香港の広東語で『クレイジー』という意味もあるそうです。

『クレイジー』とは、またすごい意味ですね。。。

アメリカのホームステイ先の家族が香港語の意味まで理解して名付けたのかは不明ですが、ディーンさんは近年バラエティ番組に出演した際などに、「香港に住んでいたとき、あまりにクレイジーな生活ぶりだったことから、現地の広東語で“クレージー”を意味するディーンを名乗るようになった」とも語っています。

クレイジーな生活ぶりって、いったんどんな生活だったのでしょうか(笑)

今でこそ穏やかな雰囲気のディーン・フジオカさんですが、若いころは結構荒れた生活をしていたのかもしれませんね。

なんにせよ『ディーン』という名が特別だったことは間違いないようですね。

まとめ

以上、今回はディーン・フジオカさんの国籍や実家、本名についてまとめてみました。

改めて見てみると、意外な実家や名前の由来などが明らかになったのではないでしょうか。

香港で人気を得たのち、日本でも朝ドラ「あさが来た」では「五代ロス」という言葉を生み出すなど大活躍中のディーン・フジオカさん。

これからの活動にますます期待が高まりますね!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です