有村藍里の手術内容・方法や費用、病院の場所は?頭蓋骨への後遺症や痛みはある?

タレントの有村藍里さん。

人気女優の有村架純さんを妹に持ち、グラビアやバラエティ番組などで活躍しています。

そんな有村藍里さんですが、妹の有村架純さんの名前が大きすぎるのか、よく顔を比較されてしまっていました。

特に容姿に関する比較の声は大きく、『口元や歯茎が残念』という心無い声も。

そうした声に耐えかねてか。有村藍里さんは整形手術を決意

その模様はフジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』で紹介され大きな反響を呼びました。

そこで今回は有村藍里さんが行った整形手術の内容や費用、病院の場所などを調べてみました。

また合わせて、手術個所である頭蓋骨への影響や後遺症、痛みなどについてもご紹介します。

スポンサーリンク

 

有村藍里が整形手術!手術内容・方法は?

有村藍里さんが受けた整形手術の内容・方法『輪郭矯正』と呼ばれる、骨から輪郭を整える手術

厳密には『輪郭形成・骨切り術』という名前だそうです。

名前からしてかなりい物騒な雰囲気が出ていますが、その詳しい内容はなんと『頭蓋骨を6つに分割し、それぞれの骨の位置をずらす』という危険かつ高度な手術。

上顎骨や下歯茎を切り離した後に、位置をミリ単位で調節する非常に難易度の高いものでした。

実際の有村藍里さんの手術も、口の中を内側から切開した後に下顎の骨を割れるギリギリまで削り切り離したり、顎先の骨を切り離して前に出して固定するなど、大掛かりな物。

 

施術を担当した美容クリニックの公式YouTubeで手術内容や方法を公開しています。

手術自体は当然無事に終了しているのですが、この『頭蓋骨6分割』や『骨を切り離して数ミリ単位で調整』という衝撃的なワードに、ネット上では驚きと恐怖の声が溢れました。

有村藍里が整形手術!費用は?

有村藍里さんが受けた『輪郭形成・骨切り術』ですが、果たして手術費用はいくらほどかかったのでしょうか?

上記のYoutube内に手術費用についても言及がありますが、その費用総額はなんと400万とのこと!

やはり大掛かりな手術なだけあり、費用もなかなか高額ですね!

有村藍里さんはタレントとしてはまだ、決して売れっ子とは言えない状態。

その有村藍里さんがいったいどうやって手術費用を捻出したのかは様々な憶測が流れています。

  • 妹の有村架純さんに払ってもらった or 借りた
  • テレビ出演を条件に一部費用をフジテレビが負担した
  • 広告宣伝もかねてクリニック側が無料にした
  • 借金
  • パトロン、闇バイトなど

もちろん有村藍里さんが手術費用の支払いを公表しているわけではないので真相は不明です。

普通に長年貯金していた、という可能性もありますね。

いずれにせよ、一般人が軽く手を出せる金額ではありません。

スポンサーリンク

有村藍里が整形手術!病院の場所は?

続いて有村藍里さんが整形手術を受けた病院の場所についてご紹介します。

上記のYoutube動画にもあるように、有村藍里さんが手術を受けた病院は『Regno Clinic SBC (レグノクリニック)銀座』という病院です。

レグノクリニックSBC

住所:東京都中央区銀座5-10-2 GINZA MISS PARIS 3階
アクセス: 銀座駅「A5」出口より徒歩約2分、 JR山手線「有楽町駅」銀座口より徒歩約10分、 東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線「東銀座駅」A1出口より徒歩約1分
診療時間 :9:00〜18:00
定休日:日曜
予約・問合せ:0120-541-450(フリーダイヤル)
電話受付時間:AM9:00~PM11:00(土・日・祝日も対応)

東京都銀座に店を構える、一流の美容クリニックですね。

有村藍里さんの手術を担当したのはRegno Clinic SBC 銀座院の院長、山口憲昭(やまぐち かずあき)医師です。

 

確かな腕と情熱をお持ちの先生のようで、患者からの評判は非常に良いようです。

また自身のYoutubeチャンネルもお持ちで、定期的に美容整形に関する動画をアップしているみたいです。

 

結構ひょうきんな方なのかもしれません(笑)

有村藍里が整形手術!頭蓋骨への後遺症や痛みはある?

最後に有村藍里さんが受けた整形手術の、頭蓋骨への後遺症や痛みについてご紹介します。

有村藍里さんが受けた手術は前述の通り頭蓋骨を6分割するというかなり大掛かりな物。

頭蓋骨というデリケートな部分を削るのですから、当然後遺症や痛みも気になります。

調べてみたところ、手術後の頭蓋骨への後遺症『手術部分の痺れ』『口を大きく開けることができない』『歯の矯正に1年前後時間がかかる』などがあるようです。

やはり頭蓋骨を削るのはもちろんですが、その他顎や口腔内にもメスを入れていますので、口元や歯の矯正などさまざまな部分に後遺症があるようです。

さらにダウンタイム(術後の腫れやアザが回復するまでの期間)も数カ月に及んだそうで、痛みだけでなく精神的な怖さや不安もぬぐえなかったと、有村藍里さんは自身のブログで語っていました。

高須クリニックの高須克弥院長も、今回の有村藍里さんが行った手術について『手術そのものより手術後の管理で苦労します』と発言しており、その危険度や後遺症の辛さが伺えます。

有村藍里さんはそういった痛みや後遺症やリスクもすべて納得したうえで手術を受け、数カ月に及ぶ術後の痛みも耐えたそうです。

少しでも綺麗になりたい、という強い思いがあったのでしょう。

まとめ

以上、有村藍里さんが行った整形手術の内容や費用、病院の場所など手術個所である頭蓋骨への影響や後遺症、痛みなどについてもご紹介しました。

かなり大掛かりで費用も高額・難易度も高度な手術のようでしたね。

術後の後遺症や痛みも強かったようですが、有村藍里さんはすべてに耐え、見事手術を成功させました。

手術については賛否がありますし、相変わらず妹の有村架純さんと比べられることもあるかもしれませんが、有村藍里さんには自信を持って、自分らしくやりたい事や目標を追求していってほしいですね。

スポンサーリンク

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です