指原莉乃の【裏切り力】って何?人気の理由や頭の回転の早さについて!

指原莉乃

2018年12月にグループ卒業を発表した指原莉乃さん。

2007年のオーディション合格後、11年にも渡りグループの中心メンバーとして活躍していきた指原さんの卒業は大いに話題になりました。

そんな指原莉乃さんですが、『裏切り力』というものが話題になっています。

『裏切り力』とはあまり聞きなれない言葉ですが、いったいどんなものなのでしょうか?

そこで今回は指原莉乃さんの『裏切り力』と、それに関係する人気の理由や頭の回転の速さについてご紹介しようと思います!

スポンサーリンク

 

指原莉乃の【裏切り力】って何?

『裏切り力』という文字だけ見ると、なんだかあまりいい印象はありませんね。

ですがここでいう『裏切り』は『いい意味で期待を裏切る』というニュアンスで使われます。

『期待を上回る』『予想を超える』という言葉に言い換えてもいいかもしれません。

そして指原莉乃さんはこの『裏切り力』が優れていると言われています。

指原莉乃さんといえば、言わずと知れたトップアイドルですよね。

AKBグループとしての活躍はもちろん、バラエティ番組でも多数のレギュラーを抱え、大物芸能人や芸人さん、果ては政治家や学者さんなんかとも対等に渡り合っています。

さらにHKTの劇場支配人をやったり、他のアイドルをプロデュースしたりと、もはやこれまでの枠にとどまらない、新たなアイドル像を作り上げました。

当然収入面でも並みの芸能人の比ではなく、一部では年収3億なんて噂もあるほど。

ですが指原莉乃さんのアイドル活動は、最初から順風満帆だったわけではありません。

2007年のデビュー後しばらくはそこまでパッとせず、当時絶大な人気を誇っていた前田敦子さんや大島優子さん、板野友美さんなどと比べると圧倒的に地味。

さらに暗い性格で、当時は『ヘタレキャラ』を売りにしていたくらい、アイドルとしての実力や華はありませんでした。

にもかかわらずこの『暗い』や『ヘタレ』を武器に徐々に人気を上げ、2011年1月からAKB48メンバー初の単独冠番組『さしこのくせに〜この番組はAKBとは全く関係ありません〜』がスタート。

さらに同年10月、国民的人気番組『笑っていいとも!』のレギュラーに抜擢されました。

しかしその直後、週刊誌によって過去の恋愛スキャンダルが暴露。

元カレとの生々しいやり取りなどがすべて明かされる赤裸々な内容で、アイドルとしては致命的なものでした。

こうして指原さんはアイドル生命は終わりを告げるかと思いきや、今度はそのスキャンダルを武器にバラエティ番組でのし上がっていきます。(好きな男性のタイプを聞かれ『口が堅い人』と答え爆笑をとるなどw)

アイドルとしてはご法度の恋愛ネタでも積極的に話題に取り入れ、時には炎上しアンチを増やしつつも独自のポジションを確立しました。

さらに自らの見た目を『ブス』『貧乳』と自虐しつつも、さらにそれをネタにずうずうしく大御所に絡んでいくスタイルでバラエティを席巻。

これまでアイドルとして良しとされてきた、いわゆる『清楚』や『可愛らしい』『控えめ』などと要素は徹底的に排除。

アイドルのあるべき姿や定説・常識を裏切り続けて、アイドルとして天下をとった指原莉乃さん。

これが指原莉乃さんの『裏切り力の高さ』と言われています。

スポンサーリンク

指原莉乃の人気の理由は?

指原莉乃さんの人気の理由はこうした『裏切り力』だけではありません。

実は、誰よりも努力家な一面を持っているのです。

前述の通り指原莉乃さんは自身がアイドルとして活動するだけでなく、劇場支配人やプロデューサーとしても活躍しています。

タレントとしてバラエティ番組へのゲスト出演や、MCを務める冠番組も数多く抱えています。

そんな多忙な中でも、何十曲もある楽曲の振付をや立ち位置をすべて徹底的に覚え、移動時間やプライベートでも48グループやハロプロといったアイドルのライブDVDを見て常に研究を怠らないのだとか。

HKT48劇場支配人の尾崎充氏も「次のライブに活かせるよう指原はものすごい量の曲を入れて暇さえあれば聞いてる」感心していました。

そしてこうした努力は、まだ今のように有名になる前から続けています。

AKB48が「RIVER」や「ポニーテールとシュシュ」などといった人気曲を発表したころ、指原さんはまだ選抜メンバーではありませんでした。

にもかかわらず、いつでも代役ができるよう全ポジションを覚えていた、というエピソードは有名。

また、以前ブログでは1日100回更新に挑戦し、2011年には「24時間での個人ブログへの最多コメント」というギネス記録を打ちたてたこともあります。

さらに自身がアイドルオタクでもあるため、どうしたらアイドルファンは喜んでくれるか?どうしたら楽しませれるか?を常に考えており、ライブの演出やセットリストなどをファン目線で徹底的にこだわっています。

そのためHKT48のステージは、ハロプログループの曲を歌ったり、時には寸劇やサーカスの様な演出もあるなど、非常に高いエンターテーメント性のあるステージとなっています。

スキャンダルをネタにしたり時には炎上することもありますが、決してそれだけに頼らない堅実な努力こそが、指原莉乃さんの人気の理由なのでしょう。

指原莉乃の頭の回転の早さについて!

指原莉乃さんの頭の良さ、回転の早さは多くの大御所芸能人が絶賛しています。

過去にバラエティ番組でダウンタウンのお二人と共演。

松本人志さんが「せっかくなんで、浜田さんに普段聞きたくても聞けないこととか聞いたら」と促すと指原さんは

「テレビに出る身として気になるのは『お気に入りのタレントをテレビに呼ぶことはあるんですか?』」と質問。

この質問をダウンタウンの二人は絶賛。その後のやり取りでも松本人志さんは

  • 指原はね、賢いよ。
  • 頭良いからいろいろ考えていると思う。本当に賢い
  • ちょっと1個抜きん出てるな、ここ(頭)がね

と大絶賛していました。

指原莉乃 指原莉乃

通り一辺倒な質問ではなく、あくまで自分が仕事をする立場としての質問から、指原莉乃さんのプロ意識の高さや、仕事への向き合い方、その先を考えた頭のよさや回転の早さが伝わったのでしょう。

指原莉乃さんは松本人志さんがMCを務める『ワイドナショー』にもたびたび出演されていますし、松本さんが指原さんを高く評価している事がわかりますね。

またワイドナショーでは、「指原はホンマは空気読めるけど、あえて読めない方に読んでる」と評していたことも。

何十年も芸能界の第一線で活躍する松本人志さんから認められえるというのは、本当にすごいことですね!

また、タレントでアイドルに対する造詣も深いマツコ・デラックスさんは、指原莉乃さんと渡辺麻友さんを比較し以下のようにコメント。

  • 渡辺麻友さんは王道だと思うんだけど、今のアイドルはそれだけじゃダメ
  • バラエティーでのトーク力が求められる中で、指原莉乃がした役目は大きかった
  • 渡辺麻友じゃテレビを効果的に利用するの無理。今まで通り指原莉乃がやるだろう。

指原莉乃さんを『テレビを効果的に利用している』と評し、王道ではない独自の路線を開拓している姿勢をたたえていました。

マツコ・デラックスさんも様々な人生経験を積み、今の位置に登りつめている人で、人を見る目や分析する力に長けている方ですよね。

その他指原さん自身の発言で、

  • 炎上してもコントロールできる自信がある。話題にならないことが一番怖い。
  • おじさん(目上の人や立場が上の人)としゃべるのは得意。

等と語っていたこともあり、頭の良さや回転の早さ、いい意味での計算高さが伝わってきますね。

まとめ

以上、指原莉乃さんの『裏切り力』と、それに関係する人気の理由や頭の回転の速さについてご紹介しました!

期待を常に上回る『裏切り力』と、努力や頭の回転の早さなど、指原莉乃さんは非常に実力と魅力にあふれたアイドルですね!

グループ卒業は残念ですが、これだけの力を持っている指原莉乃さんですので、個人になっても人気は衰えることなく活躍していくのでしょう!

スポンサーリンク

 

 




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です