ジャックオーランタンが引き寄せるものは何?由来となった怖い伝説について!

ジャックオーランタン

秋といえばハロウィン

最近では日本でもすっかりおなじみのイベントになりました。

そしてハロウィンといえばかぼちゃで作った飾り物・ジャックーランタンがお馴染みですよね。

秋になると街中に可愛らしいオレンジ色のかぼちゃを見かけると思います。

そんなジャックオーランタンですが、どんな意味があるかご存知でしょうか?

実はジャックオーランタンはあるものを引き寄せる重要な意味を持っていたようです。

そこで今回はジャックオーランタンが引き寄せるもの、そして意外な怖い伝説が明らかになったのでご紹介します!

関連記事
ハロウィンとは何か?意味や起源を簡単に説明!お菓子を配るのはなぜ?

スポンサーリンク

 

ジャックオーランタンが引き寄せるものは何?

ジャックオーランタンが引き寄せるものは、ずばり善霊です。

そして逆に悪霊を遠ざける効果があると言われています。

ハロウィンがもともと古代ケルト人が行っていた宗教的な儀式であることは別の記事でもご紹介しましたが、ケルト人にとって10月31日はこの世とあの世の境目が亡くなり、先祖の霊などの善霊に紛れ悪霊もやってくる日とされていたのです。

関連記事
ハロウィンとは何か?意味や起源を簡単に説明!お菓子を配るのはなぜ?

そのため、ケルト人は「かぶ」を使ってジャックオーランタンを作り中に灯りをともして飾ることで悪霊を追い払ったり、自分たちが被ることで悪霊が人間の区別をできなくさせたりしていたのです。

当時は「かぼちゃ」ではなく「かぶ」を使用していましたが、アメリカにハロウィンやジャックオーランタンの風習が広まった際、メリカ人にとって「かぶ」よりも身近で収穫や加工が容易な「かぼちゃ」を使用するようになりました。

可愛らしいイラストで描かれるジャックオーランタンですが、魔除けなど宗教的な意味がしっかりあったようですね。

スポンサーリンク

由来となった怖い伝説について!

そんなジャックオーランタンですが、その由来を調べてみるとちょっとい伝説が判明しましたのでご紹介します。

ジャック・オー・ランタンは、直訳すると「ジャックの灯り」という意味ですが、その名の通り「ジャック」という人物が由来となっていました。

その昔アイルランドにジャックという名の鍛冶屋の男がいました。

ジャックはずる賢くて嘘つきで乱暴者、普段の行いも非常に悪いことで有名でした。

そんなジャックはお酒が大好き。あるハロウィンの夜にもいつものように酒場に入り浸り散々酔っ払っていました。

すると地獄から出て来た悪魔と出会います。

悪魔は日ごろの行いが悪いジャックの魂を取ろうとしましたが、ジャックは当然魂を取られたくはありません。そこでずる賢いジャックは逆に悪魔を罠に嵌めようとします。

ジャックは悪魔にこんな交渉をしました。

「魂をあげるから、その前に人生最期の酒を飲ませてくれ。ただお金がないので貸して酒代を貸してほしい。」

悪魔はその願いを聞き入れ、自身の身体をコインに変化させ酒代を払わせようとします。

するとジャックはすかさず十字架でコインを抑えつけて、自分の財布に悪魔を閉じ込めてしまいました。

困った悪魔は向こう10年間ジャックの魂を取らないという約束を交わし、ジャックは悪魔を解放しました。

そして10年が経ち約束の期限が切れた後、悪魔は再びジャックの前に姿を表します。

今度こそ魂を取ろうとする悪魔に、ジャックは言いました。

「最期にあの木になっているりんごが食べたい。木に登ってりんごをとって欲しい。」

悪魔は今度こそ最期だと思い、りんごをとりに木に登りました。

するとジャックはその隙に、持っていたナイフで木の幹に十字架を刻み込みました。

十字架が苦手な悪魔は木から降りられなくなってしまいます。そして「二度と魂を取らない」という条件で、ジャックは悪魔を木から降ろしてあげたのでした。

時は経ちジャックは寿命でこの世を去りました。

ジャックの魂は天国へ向かうも、生前の悪事がたたって天国には入れてもらえませんでした。

仕方なく地獄へ向かいましたが、そこにあの時の悪魔が現れてこう言いました。

「お前の魂は二度と取らないと約束した。お前を地獄には連れて行けない」

過去に無理やり悪魔に約束させたことが災いし、地獄にも行くことができなくなってしまったのです。

天国にも地獄にも行き場が無くなり困り果てたジャックは、悪魔にどこに行けばいいのか訊ねます。

すると悪魔には元にいた場所に戻れと言います。ですが生き返ることはできないので、現世に戻れるはずはありません。

どうしようもなくなったジャックはとりあえず来た道を引き返そうとするも、道は真っ暗で深い闇が広がっています。

ジャックは悪魔に「灯りをくれ」と懇願し、悪魔は地獄の炎の一部を小さな塊にして分けてくれました。

この灯りが消えてはいけないと思ったジャックは、道端に転がっていたカブをくりぬいて炎の塊をその中に入れ、ランタンの代わりにしました。

これがジャック・オー・ランタンの由来とされています。

ジャックはこのランタンを手に今でもあの世とこの世の狭間を一人彷徨っているのだそうです。

生前の行いがたたり天国へも地獄へも行けず、冷たい闇の中を一人で永遠に彷徨う運命となってしまったジャック。

ちょっと教訓めいていますが、ゾッとする怖い話ですね。

まとめ

以上、ジャックオーランタンが引き寄せるもの、そして意外な怖い伝説についてご紹介しました!

ジャックオーランタンについて意外な意味や怖い伝説が明らかになったと思います。

10月になると街中でみかけるジャックオーランタンですが、その意味や由来を知るとハロウィンもまた違った楽しみ方ができるのではないでしょうか。

関連記事
ハロウィンとは何か?意味や起源を簡単に説明!お菓子を配るのはなぜ?

スポンサーリンク

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です