西野朗監督の若い頃がイケメン!経歴や現役時代のモテエピソードを調査!

西野朗

サッカー日本代表の西野朗監督

現役時代から天才肌のMFとして知られ日本代表に選ばれたこともあります。

監督となった今でも適切な戦術や采配が功を奏し、2018ロシアワールドカップでは格上コロンビアを下しセネガル戦も引き分けと、グループリーグ突破が見えるところまで来ましたね!

そんな西野朗監督ですが、現役時代は超絶イケメンでかなりモテモテだったそうです

そこで今回は西野朗監督の若いころのイケメン写真や経歴、現役時代のモテエピソードなどを調べました!

スポンサーリンク

 

西野朗監督の若い頃がイケメン!

早速ですが、西野朗監督の若いころのイケメン写真がこちらです。

西野朗監督 西野朗監督 西野朗監督

 

学生時代~20歳前半のころのお写真ですね。

これはかなりカッコいいのではないでしょうか!?

俳優さんとかにいそうですね!仮面ライダーの何号かにいそうです(笑)

西野朗監督

こちらはもう少しお年を召してからの写真ですね!

なんとなく俳優の伊藤英明さんに似ている気がします!

身長も182cmとモデル並みですので、さぞおモテになったことでしょう。

スポンサーリンク

西野朗監督の経歴は?

ここからは、西野朗監督の経歴についてみていきましょう。

西野監督は1955年生まれ、埼玉県浦和市(現:さいたま市)の出身です。

地元の埼玉県立浦和西高等学校を卒業後、早稲田大学に入学しア式蹴球部(サッカー部)に所属します。

ア式蹴球部は1924年に創部された早稲田大学の由緒あるサッカー部です。

そこで主にミッドフィルダーを務めしっかりと活躍、大学在学中に日本代表に選出されています。

その後1978年に日立製作所へ加入し、日本サッカーリーグで8試合連続得点をあげベストイレブンにも選出されるなど好成績を残し、1990年に現役を引退します。

指導者としては1991年からU-20日本代表監督、1994年にはU-23日本代表監督に就任し28年ぶりとなる本大会出場を決め、さらに本大会ではあのブラジルに勝利します。

この勝利は後にマイアミの奇跡と呼ばれ、今なお伝説となっています。

その後は柏レイソル、ガンバ大阪、ヴィッセル神戸、名古屋グランパスといった日本の各チームで監督を務め、一時成績不振などもありつつ最終的にはJリーグ監督通算勝利数270勝をあげ、この勝利数は歴代1位を記録しています。

2016年より日本サッカー協会の理事に就任し、2018年のハリルホジッチ氏の解任に伴いサッカー日本代表監督に就任しました。

現役時代はもとより指導者としても、あのサッカー大国ブラジルに勝利するマイアミの奇跡を経験するなど、伝説的な人物ですね。

西野朗監督の現役時代のモテエピソード

そんな西野朗監督ですが、現役時代はやはりめちゃくちゃモテていたそうです。

高校選手権ではアイドル第一号と呼ばれ段ボール2箱分のファンレターが届き、大学生になると周りからのあだ名は『プリンス』『貴公子』

西野朗監督が出場する試合にはいつも数千人単位のファンが殺到し、バレンタインのチョコは当然一人で食べきれる量ではなく試合中にケガをして途中退場したら観客の3分の2は帰宅するなど、当時のモテ伝説はとんでもないものがありました。

漫画のキャラみたいです(笑)

現役の選手たちももちろんモテるでしょうが、さすがにここまでの人気はなかったのではないでしょうか?

確かに現在でもとても63歳には見えない若々しい容姿とスタイルですし、若い時から飛び抜けてかっこよかったのでしょう。

まとめ

西野朗監督の若い時のイケメン写真や経歴、モテエピソードをまとめてみました!

当時の伝説的なモテっぷりに驚きました(笑)

もちろんそれだけでなく指導者としても確かな実力を兼ね備えていした!

そんな西野監督が率いる日本代表ですから、ワールドカップでも日本代表は大活躍してくれることでしょう!

スポンサーリンク

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です