永野芽郁の子役時代のドラマ出演作は?ちびまる子ちゃんにも?

永野芽郁

その可愛らしいルックス演技力でドラマ『僕たちがやりました』やUQモバイルのCMなどに出演し、2018年にはNHK連続テレビ小説「半分、青い。」で主演を務める永野芽郁さん。

1999年生まれで現在18歳と非常にお若いですが、実は小学生の頃から子役として活動しており年齢の割に芸歴の長い女優さんです。

そこで今回は永野芽郁さんの子役時代の活動やドラマ出演作について掘り下げたいと思います!

スポンサーリンク

永野芽郁の子役時代のドラマ出演作は?

永野芽郁さんの子役時代の出演作ですが、2010年に放送された吉瀬美智子さん主演の『ハガネの女』でテレビドラマデビューをしています。

永野芽郁

吉瀬美智子さんの子供時代を演じていました。

当時から美少女ですね!

続いてNHK Eテレの『時々迷々 「お姉ちゃんとよばないで」』や『ABUアジア子どもドラマシリーズ 「遠足」』もに出演、その後も『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2011 「深淵の迷い子」』『STAND UP!ヴァンガード』などに出演し、2013年には大河ドラマ『八重の桜』にも出演しています。

ちなみに女優としてのデビュー作は映画で、2009年公開の『ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』という作品でした。

また女優以外の活動だと、ティーン向けのファッション誌『ニコ☆プチ』でモデルとして活動していました。

永野芽郁

ドラマの時とはまた違う雰囲気ですね!

姉妹誌の『ニコラ』でも2016年までモデルを務めいたようなので、割と最近まで女優業とモデル業を並行していたようです。

永野芽郁さんは現在18歳ですが、このように2009年~2010年ごろからテレビや映画で活動を開始していますので、芸歴でいうと9年、10年くらいということになります。

ベテランとまではいかないですが、同年代と比べるとかなりのキャリアですね。

スポンサーリンク

永野芽郁は子役時代ちびまる子ちゃんにも出演していた?

永野芽郁さんは子役時代に『ちびまる子ちゃん』の実写版に出演していたという情報もあります。

ですが調べたところ、永野芽郁さんが『ちびまる子ちゃん』に出演した事実はありませんでした。

『ちびまる子ちゃん』の実写ドラマは、これまでレギュラー放送などを含め3回行われていますが、永野芽郁さんは一度も出演していません。

2006年初の実写化の際に森迫永依さん、2007年のレギュラー放送版を伊藤綺夏さん、そして2013年のスペシャルドラマ版を信太真妃さんがそれぞれ務めていますが、
どうやら初代の森迫永依さんと永野芽郁さんの顔が似ており、そこから永野芽郁さんがちびまる子ちゃんを演じていたという噂が広がったようです。

ちなみにこちらが森迫永依さんの現在の姿です。

森迫永依

まあ、似ているといえば似てる、、?って感じですね(笑)系統は近い気がします。

永野芽郁さんの『ちびまる子ちゃん』出演歴はないので、噂が独り歩きした形ですね。

まとめ

以上、永野芽郁さんの子役時代の活躍についてまとめてみました。

子役時代からしっかり活躍していたようで、今の演技力なども幼いころから培われていたようです。

まだまだお若いので、これからもどんどん話題作に出演していくことになるでしょう。

今後の活躍に期待ですね!

スポンサーリンク

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です