野村周平は中国人?ハーフ?中国語のレベルがすごい!国籍や両親は?

俳優の野村周平さん。

『ちはやふる』や『帝一の國』など話題の映画に多数出演し、『僕の初恋をキミに捧ぐ 』や『結婚相手は抽選で』などのドラマでも主演を飾るなど、今最も勢いのある俳優さんですね。

私生活ではたびたびSNSが炎上するなど、何かと話題に事欠かない野村さんですが、実は中国語がペラペラだそうです。

そのため実は『中国人?『ハーフ?』』と言う噂も出ています。

今回は野村周平さんの中国人説やハーフ説、中国語のレベルや国籍、両親について調べてました!

スポンサーリンク

野村周平はハーフ!中国語のレベルがすごい!

野村周平さんのハーフ、中国人説についてですが、なんと野村周平さん自身が過去にブログで言及していました。

その時の文章がこちら!

 

ちなみに僕中国語話せるんですよ!!
なぜかというと・・・・・
僕は中国と日本のクウォーターなんですよね!
だから話せちゃうんですよね!
出典:野村周平official Blog『SHUHEI』

 

なんと、中国人と日本人のクォーターだそうです!

両親のどちらかが中国人という事ですね。

つまり、ハーフ説と中国人説についてはどちらも誤り。

正解は『中国人と日本人のクォーター』でした。

そのため中国語が堪能なんですね。

こちらの動画で、野村周平さんの中国語が聞けます。

 

見事にペラペラですね!

通訳を介さず中国人のファンの方と普通に会話ができています。これにはファンも大喜びw

また『おしゃれイズム』に出演した際も中国語を披露。

 

 

しかし動画にもありますが、野村さんの生まれは兵庫県神戸市で、決して中国生まれ中国育ちではないようです。(中国に行ったことはほとんどないのだそう)

ではなぜ中国語がこれだけ堪能なのかというと、どうやら『神戸中華同文学校』という学校に幼稚園の頃から通っていたそうです。

中華学校とは華僑(外国に移住している中国人)子女のための教育機関のため、基本的に通っている生徒は中国人がほとんど。

教育方針によっては日本人でも子供を中華学校に通わせる方もいるようですが、野村さんの場合はクォーターということもあり、こちらの中華学校に通っていたようです、

そのため日本生まれ日本育ちの野村さんも、中国語が喋れるようになったようですね、

もちろん家ではご両親が中国語をしゃべっていたはずですので、日常的に中国語教育も受けてはいたのでしょうが、やはり周囲の友達が日本人だけだとなかなか上達は出来ないですからね。

日本語と中国語の二か国語を喋れる野村周平さんは、その語学力を生かし中国のドラマや映画にも出演しているそうです。

スポンサーリンク

野村周平の国籍や両親は?

そんな野村周平さんですが、国籍やご両親についてもう少し調べてみました。

まず国籍についてですが、こちらは明らかになっていないものの、恐らく日本国籍ではないかと思われます。

クォーターという事は4分の1が中国人の血という事ですので、逆にいえば日本人後の方が濃く流れているという事。

勿論これだけで根拠にはなりませんが、中国のニュースサイトでも野村さんは『日本人』として紹介されているようですので、あくまで日本人として海外で活動しているみたいですね。

またご両親については、母親が中国人のハーフであることをバラエティ番組に出演した際に明かしていました。

 

『母方の祖父が中国人』とのことです。

そしてこの中国人の祖父というのは神戸市で『東光(トウコウ)』という中華料理屋を経営しているそうです。

 

かなり古くから営業しているようで、地元では人気のお店のようです。

そして父親は兵庫県で『ひょっとこ』というお好み焼き屋さんをやられているとの事、

 

店内には野村周平さんの写真が飾られているようです。

 

野村周平さんの芸能界デビューは、父親がオーディションに履歴書を送ったことがきっかけだそうです。

グランプリの賞金が目当てだったそうですが(笑)、息子が大活躍している現在は全面的に応援しているようですね。

まとめ

以上、野村周平さんの中国人説やハーフ説、中国語のレベルや国籍、両親について調べてました!

野村さんは父親が日本人、母親が中国人とのハーフという、クォーターという事が分かりました。

実家はお好み焼き屋さんと中華料理屋さんという事で、どちらも地元では評判のお店のようです!

機会があればぜひ一度行ってみたいものです。

何かと炎上が多い野村さんですが、日本語と中国語を駆使して世界中で活躍していってほしいですね!

スポンサーリンク

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です