清塚信也は韓国人ハーフ!BTS問題への発言で賛否両論?

清塚信也

ピアニストの清塚信也さん。

幼少期からピアノのスパルタ教育を受け、数々の賞を獲得。

数多くの映画やドラマの音楽監督・監修を務める一流の音楽家でもありつつ、最近ではバラエティ番組やワイドショーへの出演も増えています。

そんな清塚信也さんですが、ある番組で自身が韓国人とのハーフだと告白し話題に。

またその際の発言にも賛否の声が集まっています。

スポンサーリンク

 

清塚信也について

まずは清塚信也さんのプロフィールについて簡単にご紹介します。

清塚信也
清塚信也(きよづか しんや)
生年月日:1982年11月13日生まれ(36歳)
血液型 :B型
出身:東京都
職業:ピアニスト・作曲家・俳優
  • 主な受賞歴

1996年・・・第50回全日本学生音楽コンクールの全国大会:中学生1位
1998年・・・初コンサートで東京交響楽団と共演
2000年・・・第1回ショパン国際コンクールin ASIA:1位
2004年・・・第1回イタリアピアノコンコルソ:金賞
2005年・・・日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール:第1位
2006年・・・ザイラー国際ピアノコンクール:3位

2006年、テレビドラマ「のだめカンタービレ」で、玉木宏さん演じる千秋真一のピアノ演奏シーンの吹き替えを担当し、芸能界デビュー。

その後も2007年公開の映画「神童」で松山ケンイチさん演じるワオのピアノ演奏シーンの吹き替え、綾野剛さん主演のドラマ「コウノドリ」やNHK大河ドラマ「龍馬伝」の額監修や主題歌などを担当。

ゲーム「メタルギアソリッド」やアニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」、「ベルセルク/黄金時代篇III 降臨」のサンドトラックなど、ゲーム・アニメの仕事も多数。

最近では「関ジャム 完全燃SHOW」や「みゅーじん<音遊人>」などの音楽番組をはじめ、「ワイドナショー」や「マツコの知らない世界」」などワイドショーやバラエティ番組にも積極的に出演されています。

改めて経歴を見てみると、「のだめカンタービレ」の中の人をやっていたのは意外でしたね!

また「メタルギア」や「エヴァンゲリオン」もイメージになかったので驚きです。

清塚信也のBTS問題への発言は?

そんな清塚信也さんは2018年11月18日、フジテレビ「ワイドナショー」に出演。

番組では日本でも大人気の韓国アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」のメンバーが原爆をイメージしたTシャツを着用していた問題に言及。


コメントを求められた清塚信也さんは

  • 国際的に活躍する方としては自覚が足りない

としつつも、

  • 韓国と日本が仲良くなれるチャンス

とも発言。

そして自身が韓国人とのハーフ(母が韓国人で父が日本人)であると告白しました。

韓国人と日本人両方の立場を知っている自分だからこそ、日韓の分かり合える部分と難しい部分があり、今回の問題を「極論化してはいけない」と続けます。

そして

  • 韓国人や韓国全土が日本を敵視してると思うのはナンセンス
  • 個人レベルで話した時に日本人を悪く言う人は見た事ない
  • 世界にも誇れる友人関係になれる
  • この問題を乗り越えたらより絆が深まる

と結びました。

清塚信也さんが韓国人とのハーフという事はあまり知られていなかったため、視聴者からは驚きの声と共に、BTSや韓国を擁護する発言に賛否の声が上がりました。

スポンサーリンク

清塚信也のBTS問題に対するネットは賛否両論?

清塚信也さんのワイドナショーでの発言に対しネットでは賛否両論さまざまな意見が上がりました。

賛成派の声

反対派の声

「日韓両方の立場でコメントありがとう」「ほっとした」という声もありましたが、「あり得ない」「嫌いになった」という否定的な声の方が多いようでした。

やはり原爆という大きな問題を軽く扱ったBTSを擁護するような発言は「同胞をかばっている」ととる方が多かったようです。

まとめ

以上、ピアニスト清塚信也さんの韓国人ハーフの告白や発言、そしてそれに対するネットの声をまとめてみました。

清塚信也さんの意見も一理ありますが、やはり日本人の感覚としては受け入れづらいものがあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です