ベルギー代表のイケメン選手メルテンスが話題!経歴やプレースタイルは?

メルテンス

サッカーロシアワールドカップが開幕して早一ヶ月。

グループリーグが終了しベスト16が出揃いましたね!

日本も下馬評を覆し見事決勝トーナメントに進出しましたが、次の対戦相手はFIFAランキング3位の強豪ベルギーです。

優秀なタレントを多数擁するベルギー代表ですが、FWを務めるドリース・メルテンス選手がイケメンと話題になっています!

スポンサーリンク

 

ベルギー代表のイケメン選手メルテンスが話題!

メルテンス

こちらがベルギー代表のNo.1イケメン、メルテンス選手!

確かにイケメンですね!ハリウッド俳優にいそうな顔立ちです!

1987年生まれの現在31歳。

身長169cmと高さはありませんが高い得点力でベルギー代表のポイントゲッターとして活躍しています。

プレーもさることながらこのイケメンぶりはSNSでも話題となっています。

日本人の間でも話題沸騰中のようですね!

スポンサーリンク

ベルギー代表のイケメン選手メルテンスの経歴やプレースタイルは?

メルテンスの経歴についてですが、2004年のKAAヘントでプロとしてのキャリアをスタート

2005年にはシーズン最優秀選手にも選ばれました。

2007年にはオランダのAGOVVアペルドールンでキャプテンも務め、2008年-2009年にはエールステ・ディヴィジの最優秀若手選手賞であるDe Gouden Stierを受賞するなど着実に実績を積み上げていきます。

2009年5月にFCユトレヒト、2009年8月にはPSVアイントホーフェンに移籍。

ハットトリックや、ひとりで4得点を挙げる活躍を見せます。

2013年にはイタリアの名門SSCナポリに移籍。

加入1年目にはリーグ戦33試合に出場、11得点を記録しエースの地位を確立。

得点を量産し、2016年のベルギー最優秀選手賞を受賞しています。

代表には2010年より招集。

2014年ワールドカップでは5試合に出場、2018年ロシアワールドカップでは一次リーグ初戦のパナマ戦で先制点を決めるなど、ストライカーとして大活躍をしています。

プレースタイルについてですが、まず挙げられるのはドリブルスキルの高さです。

先にも上げましたが、メルテンス選手の身長は169cmと、サッカー選手としては決して恵まれたものではありません。

ですが小柄ながらも繊細なボールタッチとドリブルスキルで相手選手を抜き去る姿は圧巻です。

高い瞬発力も擁しており、一瞬でトップスピードに乗るアジリティの高さも持ち味の一つ。

そしてストライカーとして必要な高いシュート技術も当然兼ね備えています。

得点を挙げることに対する貪欲さも持ち合わせており、ディフェンダーがいようと距離が遠かろうと積極的にシュートを放つ姿勢は相手選手からすると非常に脅威ですね。

たとえ入らなくても1本のシュートで流れが変わることはサッカーにおいてままあるので、この貪欲さは大きな魅力の一つとなっています。

もちろん技術も高いので、ワンステップから即座に放つシュートや針の穴を通すような絶妙なコースを狙ったシュートはメルテンス選手の持ち味ですね。

メルテンス選手の高い実力がわかる動画を見つけましたので、ご紹介します。

 

自身でゴールも狙い、高い技術によるアシストで総合的な得点力の高さは今大会でも屈指の選手といえるでしょう。

まとめ

サッカーベルギー代表のイケメン、メルテンス選手のイケメンぶりや経歴、プレースタイルについてご紹介しました!

イケメンサッカーは多いですが、メルテンス選手も間違いなくトップレベルですね。

当然実力も兼ね備えているので、日本にとっては要注意選手であることは間違いありません!

スポンサーリンク

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です